バイクやクルマであちこちを走り回り、道の写真、風景写真を撮りまくるおじさんのブログ。撮影機材はD700,GX100。
by vehicles
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
クルマ
バイク
美味しかったお店
広尾近辺のおいしい食事処
温泉
バイクのメンテ・ログ
独り言
ツーリング速報
スナップ写真
モノクロ写真
やきとん「おふくろ」
ゴールデンレトリーバー
山歩き
マクロ写真
おいしいトンカツを求めて
熱帯魚
タグ
(166)
(153)
(85)
(40)
(40)
(35)
(29)
(29)
(26)
(26)
(26)
(24)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(4)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
お山遊び
オートバイとペンタ君
自己満足な毎日(R115...
Toy box 2nd leg
哲学の道
バイクのある日常 (Bi...
点描2
バイク FJR1300
chacoと綴る散歩日記...
ぼん家の縁側
ツーリング・山・麺
Hiro's Bar
R×R camper's...
yaya、なんとなくな暮らし
GSオレンジ
週末は瀬音を聞きながら
チャーハン・炒飯 美味礼賛
秋田のタカさん旅日記
日々是好日
PZdiary
Macro & Natu...
我孫子の Kuriemo...
自分色のGS
子の日窯日記
遊びとGSの代理人
garage house...
GS漫遊記Ⅱ
エキサイト以外のブログとサイト
以前の記事
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
more...
最新のトラックバック
Canon デジタルカメ..
from お買得情報連絡便り
Nikon デジタル一眼..
from お買得情報連絡便り
PENTAX デジタルカ..
from お買得情報連絡便り
FUJIFILM デジタ..
from お買得情報連絡便り
くちこみブログ集(くるま..
from くちこみブログ集(くるま)(..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
今年の走り納め
from ぼん家の縁側
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
ペンション グリーンカル..
from 黒川温泉宿ホテル予約
黒川温泉
from 黒川温泉
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:箱根・伊豆方面 ( 29 ) タグの人気記事
香華に美味しいチャーハンと餃子を食べに行く
b0082895_174288.jpg
美味しいチャーハンが食べたくなり、箱根の彫刻の森にある香華に行ってきました。
今日の気温は10℃程度のことなので、3シーズンウエアにインナーを付け、
タイツと防寒ウエアを着込んで出かけました。
東名高速、小田原厚木道路を走り、久しぶりにターンパイクを走ります。

早川の料金所でお金を払う際、料金所のおじさんがパトカーと白バイが入っていると囁きます。
慎重に制限速度+20km程度で走り出すと随所にパトカーが潜んでいます。
前方からは10台くらいの白バイ態が2列縦隊でターンパイクを降りてきます。
白バイの走行練習かな...などと思いながら大観山に着くと駐車場はバイクとクルマで
溢れています。みなさん紅葉目当てで出てきたのでしょうか?

b0082895_17163822.jpg
クルマで大渋滞の芦ノ湖を抜け、彫刻の森に向かいます。
さほど特徴のない普通の中華料理店ですが、この店は大のお気に入りの店です。
>香華はこちら

b0082895_17194175.jpg五目チャーハンは、パラパラとほぐれるほどよく炒められており、サッパリとしながらほどよいラード?の甘みが食欲を刺激します。
※写真はクリックで拡大します。
b0082895_1724199.jpg餃子は厚めでもちもちの皮がパリッと焼かれ、口に入れてかみしめるとジューシーなスープと程よいニンニクの香りが広がります。
b0082895_17273397.jpg
【All photographs are Nikon D200 + Planar T * 1.4/50 ZF】

久しぶりに美味しいチャーハンと餃子を堪能した後、彫刻の森周辺を散策しました。
箱根登山電車は通勤ラッシュのように満員で、電車が到着するたびにどっと黒山の人が
ホームにはき出されてきます。
紅葉は既に終わってしまったようでお腹と目の両方を満足させることは出来ませんでした。
今日の走行距離:222km
[PR]
by vehicles | 2007-11-17 17:36 | バイク
九州・四国ツーリングの準備 ~フェリーターミナルの確認~
いよいよ九州・四国ツーリングの出発もカウントダウンです。
今回利用するシャトルハイウェイは初めてなので、フェリーターミナルの確認+
エンジンノッキング現象の確認で出かけてきました。
首都高で横浜まで走ったのですが、よろける程の強風です。
私もパートナーもウインドシールドに隠れるように身を屈め
風に揺さぶられながらなんとか久里浜に到着しました。
道案内に従ってターミナルを目指しますが、見つかりません。
ぐるぐる埠頭を走り回り、やっと見つけたのが下の写真のフェリーターミナル。
大洗のターミナルを想像していたので驚きました。
b0082895_1554343.jpg
施設内にはいると発着時間の間のせいか照明も消されており静かです。
船は大丈夫なのだろうかと不安が脳裏をよぎります。
b0082895_15562480.jpg
出発してから到着まで約1時間、距離にして80km強でした。
乗船名簿を手に入れて、昼食予定の三崎方面に向けて出発です。
走り出して間もなく、前方に海が現れます。生憎の曇天ですが写真をパチリ。
b0082895_1556071.jpg
昼食は以前も来たことのある「豊漁」です。前回と同じマグロ丼を美味しくいただいてきました。
b0082895_1605170.jpg

さて、ノッキングの件ですがガソリンを入れ替えたのが良かったようで、
以前のような症状は全く現れません。よかった、よかった。
これで安心して九州・四国ツーリングに出発できます。
ガソリンを入れ替えて症状が消えたのですから、原因は八王子のスタンドにあったと
言うことになるのでしょうか。
問い合わせしたJOMOの客相からはまだ返事が来ておりません。
[PR]
by vehicles | 2007-04-23 16:05 | バイク
湯河原パークウェイ、椿ラインを走る(ゆっくり) ~3月31日~
天気予報では夕方くらいから雨らしいので、早めに帰ってくる計画で
湯河原パークウェイ、椿ラインに行ってきました。
最近の通学路のようになった東名、小田原厚木道路、ターンパイクを
走り、大観山に着く。天候のせいかバイクはあまり駐まっていません。
一休みした後、湯河原パークウェイに向かいます。
※写真はクリックで拡大します。

b0082895_13365486.jpg料金所でお金を払い、比較的道幅が細い湯河原パークウェイを下ります。
荒れた路面が多く、下りコーナーが苦手なパートナーに合わせてゆっくり下ります。
バイクを駐車できそうな場所を見つけ、撮影していると山の彼方から、甲高いエキゾーストノートが聞こえてきます。
強者ライダーが下ってくるのではと待ちかまえますが、なかなか現れません。

b0082895_13444029.jpg諦めて戻ろうとした矢先、現れたのはバイクではなくフェラーリ軍団でした。
20台くらいの集団が、例のフェラーリサウンドを轟かせながら連なってきます。
かなり威勢の良い音を響かせていますが、遅い....
きっとセカンドくらいでエンジンを回しきっているのでは...?

b0082895_13503326.jpgフェラーリ達が走り去った後、我々も出発。
順調に下りコーナーをクリアしていくと、奥湯河原温泉に到着。
温泉街の細道を抜けると椿ラインに合流します。
湯河原パークウェイではあまりバイクを見かけませんでしたが、椿ラインにはいると後ろからバイクがどんどん追いかけてきます。

b0082895_13542080.jpg椿ラインの道端にはさくらが植えられているようで小さな蕾が膨らんでいました。
きっと今週末には満開になるのでは?さくら吹雪の下を駆け抜けられるのではないでしょうか。

b0082895_1357513.jpg我々は彼らに比べるとかなりのんびり走るので、彼らにプッシュされ放しです。
彼らとは膝擦りライダー達です。
ミラーに彼らが映るとウインカーを出して、すかさずパスしてもらいます。
彼らは左手を出し挨拶しつつも全開ですっ飛んでいきます。
右の写真に写っているライダーさんは大観山でも見かけたので、椿ラインを上り下りして練習していたのでしょう。

b0082895_142752.jpg膝擦りラーダー達は私から見るとひやっとするスピードでコーナーに突っ込んでいきます。
コーナリング中にステップをする音、膝が路面に触れる音をばらまきながら走り去っていきました。
我々はマイペースで走ったのですが、あれほどスピードを出さなくても十分にコーナリングを楽しめます。
最近、自分なりに楽しめる速度が解ってきたようです。

b0082895_1454844.jpg椿ラインをどんどん登っていき、大観山に近づくと後方視界に相模湾が現れます。
今回はあいにくの曇天でしたが、晴れた日にはきっと素晴らしい眺望でしょう。
景色を楽しみ、コーナーを楽しんだプチツーリングでした。
午後2時頃には東京に戻り、一休みした後最近ごひいきの「たかし」で反省会を催しました。
本日の走行距離:231km
[PR]
by vehicles | 2007-04-04 14:10 | バイク
湯河原パークウェイ、椿ラインを走ってきました。
今日は午後から天気が崩れるとの予報なので早めに戻れるコースと言うことで
ターンパイク、湯河原パークウェイ、椿ラインを走ってきました。
椿ラインでは膝を路面に擦りながらコーナーを抜けていく猛者達が多いのに驚きました。
詳しくは後日アップします。
b0082895_4224676.jpg
[PR]
by vehicles | 2007-03-31 23:16 | バイク
久しぶりに美味しい海の幸を堪能 ~ふしみ食堂 3月3日~
b0082895_1714538.jpg本日は、天気も良いのでツーリングマップルお薦めの店、「ふしみ食堂」に海の幸を食べに行ってきました。
通い慣れた道を走りターンパイクの大観山に到着すると、そこは濃い霧に包まれていました。
この霧にもかかわらず沢山のバイクが駐車場を埋めています。
伊豆スカイラインを亀石ICで降り、宇佐見に向かいます。

b0082895_17191352.jpg昼頃に目的の店「ふしみ食堂」に着いたのですが、まだお腹が空いていません。
そのまま前を通り過ぎてしばらく走ると道の駅「伊東マリンタウン」が見えてきました。
ここで一休み、マリーナが併設されている広々とした施設です。
防波堤をのんびり散歩してお腹が空くのを待ちます。

b0082895_172238100.jpgのんびり歩いたり写真を撮ったりしていると微かに空腹感を感じます。
よし出発と来た道を戻り「ふしみ食堂」に到着。
写真の通りうっかりすると見過ごしそうなお店ですが、店内には2組の客が居て満足そうな笑顔を浮かべながら箸を動かしています。
※写真はクリックで拡大します。

b0082895_1726721.jpg私は「刺身盛り定食」をオーダー。
最初にあさりのおみそ汁が出てきました。一口すすると「旨い!!!」あさりの香り、旨味が最高です。
そして出てきたお刺身。
これまた新鮮で美味しい!!!。
最近、海の幸ツーリングにあまり恵まれていなかったので感動も一入です。
お魚はなんて美味しいのだろう...と改めて感激。

b0082895_1730419.jpgパートナーは「あじ、めじ、ぶり刺身定食」。
これも美味しそうです。(つまんだので美味しかったか...か)
ここはツーリング・マップルに出ているせいか、2人組ライダーさんが我々の後から入ってきました。
2人とも会話もなくひたすら箸を動かしています。
美味しいものを食べると無口になりますね。

b0082895_17335775.jpg満腹、満足でお腹をさすりながら店を出ると、道路を挟んだむこうは海岸線が続いていました。
サーファーが波乗りを楽しんでいます。
海岸の外れに防波堤があり、時折大きな波が打ち寄せ迫力有る音と波飛沫を見せていました。
帰路は海岸沿いをのんびり走り、小田厚、東名で帰ってきました。
本日の走行距離:265km
[PR]
by vehicles | 2007-03-06 17:39 | バイク
河津の桜見学を途中で断念 ~伊豆スカイライン 2月11日~
b0082895_1213948.jpg朝起きると期待通り雲一つ無い快晴。
今日は河津の桜を目指して走ることにします。
東名高速を裾野ICで降り、伊豆中央道、修善寺道路を進みますが大渋滞です。
我慢しながらノロノロとクルマの後ろをしばらく走ったのですが、耐えきれず修善寺ICで降り、目的地を伊豆スカイラインに変更です。
右の写真は冷川ICの手前に広がっていた菜の花畑です。

b0082895_1291969.jpg伊豆スカイラインはさほど混んでおらず、気持ちよく走ることが出来ます。
暖かさのせいかツーリング・バイクも頻繁に見かけます。
きっと冬ごもりに耐えきれなくなったライダー達が飛び出して来たのでしょう。

※写真はクリックで拡大します。

b0082895_12133073.jpg暖かいのはうれしいのですが、どうやら杉花粉が舞いだしたようです。
花粉症の私は春の訪れを告げるくしゃみに耐える日々が始まります。
伊豆スカイラインを気持ちよく走っていると、鼻の奥がムズムズしてきてくしゃみが出そうになります。
進行方向には大きなコーナーが迫っていたのでなんとか我慢しようと鼻に力を込めます。

b0082895_1219889.jpgコーナーに入る前にくしゃみをしておけばよいのに我慢してコーナーに突っ込むとコーナーの頂点辺りでムズムズに耐えきれず、くしゃみが炸裂です。
ブレーキングしてくしゃみの準備..目をつぶらないように目に力を込めるのですが、くしゃみ発射の時は目をつぶってしまいます。それもコーナーの頂点です。
シールドの内側にはくしゃみの破片が点々と跡を残しています。

b0082895_12233399.jpg亀石サービスエリアで一休みして、ヘルメットのシールドをきれいに拭き上げます。
伊豆スカイラインを走り終え、ターンパイクに向かう県道20号は下り方面が大混雑していました。
クルマの列に挟まれたバイク達がなんとも気の毒です。
大観山からはきれいに富士山が望めました。
山肌の質感まで見える富士山は久しぶりでした。
本日の走行距離:305km
[PR]
by vehicles | 2007-02-13 12:28 | バイク
あまりに天気がよいので出かけてしまいました。~芦ノ湖周遊 1月25日~
b0082895_15173259.jpg朝起きると雲一つない真っ青な空が広がっています。
居ても立ってもいられなくなり、仕事を放棄してバイクに跨ってしまいました。
目的地は先週の初乗りで散々だった箱根です。東名高速、小田原厚木道路を経由して、ターンパイクを登ります。
途中にあるパーキング(業界では「金魚」と呼ばれている?)を過ぎると道路脇に残雪が現れます。

b0082895_15231267.jpg大観山周辺は雪の量も多く、除雪作業が行われていました。
平日なので大観山は我々以外のバイクはなく、年配者が雲に隠れた富士山を残念そうに眺めている姿がちらほら。
しばらく待っていると、雲が消えだして雪化粧の富士山が姿を現しました。
気温はさほど低くないようで、寒さはほとんど感じません。

b0082895_1527937.jpg大観山を後にして芦ノ湖スカイラインに向かいます。雪止め水が道路を流れています。
日陰に入った際にこの水が光って見え、もしや氷っているのではとビビってしまい、低速走行が続きます。
芦ノ湖スカイラインの料金所を過ぎると、道の正面にきれいな富士山が現れます。
これを眺めながら一気に上り坂を駆け上がったのですが、途中で写真を取りたくなり、苦手なUターンを敢行して、料金所に戻りその姿を写真に収めました。

b0082895_15324556.jpgここ箱根スカイラインも道路脇の残雪が続いています。
日向は路面も乾いているのですが、日陰にはいるとついついスピードを落としてしまいます。
クルマなら雪道は比較的得意なのですが、バイクになるとからっきし駄目です。
昼が近いので調べておいた強羅の和食屋「山路」を目指します。

b0082895_15363690.jpgところがこのお店、定休日のようで準備中のプレートが揺れています。
しょうがないので彫刻の森駅周辺でお店を探しますが、休業のお店ばかり...。
木曜日はこの町内は休業日に定められているのでしょう、きっと。
営業している中華料理店「香華(フォンファ)」にあまり期待せずに入ります。

b0082895_15413010.jpg
私はチャーハンと餃子をお願いしたのですが、このチャーハンが美味しい!
パラパラに炒められ、薄味なのですが旨味はしっかり。
加えて餃子も美味しい!。モチモチとした皮に包まれた具はジューシーで旨味が口いっぱいに広がります。
失礼ながら期待していなかったので写真を撮ったのは最後の1個でした、写真を取り忘れるほど美味しかったのです。

b0082895_15455419.jpg久しぶりに美味しいチャーハンと餃子を堪能した後は、東京に向かって出発です。
帰り道は西湘バイパス経由で鎌倉、逗子海岸を走る事にしました。
鎌倉の海岸線は相変わらず、クルマが連なっています。
しかし、真っ青な空と海が目の前に広がっているので全くイライラする事もなく走り続けられます。

b0082895_15492561.jpg材木座海岸を抜け、逗子にはいるとクルマも極端に減り、海岸線を気持ちよく走る事が出来ました。
横須賀線、湾岸線を乗り継いで帰宅したのは5時前でした。
本日の走行距離:262km
※写真はクリックで拡大します。
[PR]
by vehicles | 2007-01-26 15:53 | バイク
初乗りは小雪、雨、霧の大波乱 ~箱根周辺 1月20日~
b0082895_13492656.jpg待望の初乗りに出かけましたが、天候は朝から暗い曇天です。
目的地は箱根芦ノ湖、東名高速に入り横浜を過ぎた辺りで前方に白っぽい綿のようなモノが見えます。トラックがゴミをばらまきながら走っているのかと思っていると、なんと雪。
気温は5℃くらいでしたが寒さはあまり感じません。
小田原厚木道路を走る頃には雪が小雨に変わりました。

b0082895_13534087.jpg引き返すか進むか躊躇したのですが、待ちに待った初乗りなのでそのまま芦ノ湖を目指します。
国道1号線のタイトコーナーを登る際は湿った道路に気を遣います。
やっとの思いで芦ノ湖に着くと土曜日というのに観光客はまばら。
おみやげ屋さんの店員さんは「最近は日本人より東南アジアの団体客が多のさ..」と意味深な顔をしていました。

b0082895_13573833.jpg昼食は事前にサイトで調べた手作り餃子の店「チャイナハウス」。
ここは餃子の皮を手作りしているそうです。お味はニンニクの風味が強めでなかなかいけます。シソをはじめとする様々な具材を練り込んだ餃子が沢山用意されていました。
食後、レインウェアを着込んで乙女峠を目指します。
乙女峠に差し掛かると前のクルマがかすむほどの霧。
慎重に峠を下って東名に乗り、帰宅したのは4時頃でした。
初乗りは好天に恵まれませんでしたが、久しぶりに乗る事が出来た
バイクを楽しむ事が出来ました。
心配していた腰の調子もまったく痛まず、今後のツーリング計画に
弾みを付けました。
本日の走行距離:222km
[PR]
by vehicles | 2007-01-22 14:06 | バイク
いろいろあった2週間ぶりのツーリング ~西伊豆スカイライン 12月16日~
b0082895_15461952.jpg心配していたお天気も好転しそうなので、2週間ぶりに出かけてきました。
朝、7時に出発し目的地は天城高原です。
東名高速、小田原厚木道路、ターンパイクを順調に走りきり、伊豆スカイラインに入りました。
亀石パーキングエリアを過ぎた時、横目で見ると同じバイクが多数並び、ライダー達が朝礼をしているのが見えました。
その先で撮影がてら休んでいると、さっきのバイク達が結構なスピードで走り抜けていきます。
きっとメーカーの販社かプレス向け試乗会ではないでしょうか?

b0082895_15512673.jpg冷川ICで伊豆スカイラインを降り、県道59号を走ります。
センターラインのない細い山道が続きます。
コーナリングを楽しむような走りではなく、田舎道をのんびり景色を楽しみながら走る時間が続きました。
山葵田と階段状の田んぼがなんとも長閑な風景です。
※写真はクリックで拡大します。

b0082895_15562688.jpgしばらく走ると高い杉林の中に突入です。
密集した杉で日光が遮られ、薄暗くなった道に所々湿った落ち葉が積もっています。
慎重にバイクを進め、なんとかデンジャラス・ゾーンを無事に抜けました。
ツーリング・マップルのお薦めコースですが、どちらかというとオフロード系バイク向きのコースに思われます。

b0082895_161182.jpg山道を抜けると広い川に沿って走る道に出ます。
風に落ち葉が舞って綺麗でしたので写真を撮ったのですがその様は写真では表せません。
途中にはまだ真っ赤の染まったもみじも点在し、落ち葉の絨毯が風に踊っていました。
秋の終焉を感じさせます。
この辺りは道幅もあり、舗装も良いので少しスピードを出しコーナーを楽しみます。

b0082895_1661876.jpg天城高原「牧場の家」で昼食を取り、西伊豆スカイラインに向かいます。
途中、富士山をバックにこれから走る道が綺麗に見えたので、下り坂に慎重にバイクを駐めて撮影しました。
少し、霞んでいたのは残念ですが綺麗な景色です。
冬に入ったせいかバイクにはほとんど出会いません。
昼食を取った牧場の家に数人のライダーがいた程度です。

b0082895_16123194.jpg西伊豆スカイラインは適度なコーナーが続く素晴らしい道でした。
交通量も少なく、のびのび走る事が出来ます。
富士山が見える笹原駐車場でバイクを駐めて写真を撮ったのですが、先にアップした災難が襲いかかりました。
なんとかバイクを起こし出発したのですが、パートナーは心持ち慎重な運転になっています。
西伊豆スカイラインに戻り、来た道を戻って帰宅できたのは5時くらいでした。
本日の走行距離:375km
[PR]
by vehicles | 2006-12-21 16:25 | バイク
パートナーに降りかかった災難 ~西伊豆スカイライン 12月16日~
b0082895_1233495.jpg16日は2週間ぶりに日帰りツーリングで西伊豆スカイラインを走ってきました。
ツーレポは後ほど上げますが、パートナーに信じられない悲劇が襲いかかりました。
西伊豆スカイラインを気持ちよく走り、富士山が見える笹原駐車場で撮影をしていた時にそれは起きたのです。
時折、強い風が吹いていたのですが、その強風で停車していたパートナーのバイクが倒れたのです。

b0082895_1239022.jpgパートナーの断末魔の叫び声で振り返ると「ガチャン」という音と共にバイクが横倒しになっています。
不幸中の幸いか倒れたところは草むらだったので大きな傷にはなっていませんが、カウリングに2ヶ所傷が付いてしまいました。
免許を取って以来、今まで立ちゴケもせずにがんばってその美観を保ってきた愛車が強風で横倒しになるなんて信じられませんでした。
傷はライダーの勲章だよ...と慰めましたが、
パートナーは涙目で頷いていました。
[PR]
by vehicles | 2006-12-18 12:44 | バイク