バイクやクルマであちこちを走り回り、道の写真、風景写真を撮りまくるおじさんのブログ。撮影機材はD700,GX100。
by vehicles
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
クルマ
バイク
美味しかったお店
広尾近辺のおいしい食事処
温泉
バイクのメンテ・ログ
独り言
ツーリング速報
スナップ写真
モノクロ写真
やきとん「おふくろ」
ゴールデンレトリーバー
山歩き
マクロ写真
おいしいトンカツを求めて
熱帯魚
タグ
(166)
(153)
(85)
(40)
(40)
(35)
(29)
(29)
(26)
(26)
(26)
(24)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(4)
(2)
(1)
お気に入りブログ
お山遊び
オートバイとペンタ君
自己満足な毎日(R115...
Toy box 2nd leg
哲学の道
人生山あり谷あり各駅停車...
バイクのある日常 (Bi...
点描2
バイク FJR1300
chacoと綴る散歩日記...
ぼん家の縁側
ツーリング・山・麺
Hiro's Bar
R×R camper's...
yaya、なんとなくな暮らし
GSオレンジ
週末は瀬音を聞きながら
チャーハン・炒飯 美味礼賛
秋田のタカさん旅日記
日々是好日
PZdiary
Macro & Natu...
我孫子の Kuriemo...
自分色のGS
子の日窯日記
遊びとGSの代理人
garage house...
GS漫遊記Ⅱ
エキサイト以外のブログとサイト
以前の記事
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
more...
最新のトラックバック
Canon デジタルカメ..
from お買得情報連絡便り
Nikon デジタル一眼..
from お買得情報連絡便り
PENTAX デジタルカ..
from お買得情報連絡便り
FUJIFILM デジタ..
from お買得情報連絡便り
くちこみブログ集(くるま..
from くちこみブログ集(くるま)(..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
今年の走り納め
from ぼん家の縁側
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
ペンション グリーンカル..
from 黒川温泉宿ホテル予約
黒川温泉
from 黒川温泉
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:206CC ( 26 ) タグの人気記事
裏磐梯雪見ドライブ
金曜日、仕事を早めに切り上げて東北道を会津若松に向かってクルマを走らせます。
磐越道に入るとなんと磐梯熱海-猪苗代磐梯高原間が吹雪の為に通行止め。
下道をノロノロ運転の車列に加わって走り、会津若松のホテルに着いたのは10時過ぎ。

翌朝は5:30にホテルを出て裏磐梯の桜峠を目指します。
ここは霧氷の撮影ポイントとして有名らしいのです。
しかし、桜峠にはいると雪が降り出しこれが吹雪に変わります。
道の駅の駐車場で時間をつぶし天候の回復を待ちますが、時間を持て余し檜原湖まで行ってみることにします。
走り出すと吹雪が一層強くなりフロントガラスの前は真っ白、何も見えなくなることが暫し。
パートナーと二人で道路脇の雪の壁を見つけながらのノロノロ運転です。

秋元湖辺りまで行きますが、天候は回復せず。
致し方ないので桜峠の道の駅まで戻り、またまた時間をつぶします。

10時過ぎ、空が明るくなったので(なったように無理矢理思った)、再度檜原湖に向かいます。
b0082895_1229564.jpg
雪はかなり小振りになったので、カメラに防寒ジャケットを着けて半ばやけくそ的に外へ飛び出します。
何故かというと、今回は望遠ズームAF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)を
中古で手に入れたので写真を撮りたくてじっとしていられません。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_12315534.jpg
200mmのズームが切り取る構図に驚きながら撮影を続けていると雲の切れ間から
日差しが現れ、雪を輝かせる美しい風景を見せてくれます。

b0082895_12364837.jpg
「カリフラワー!!」とパートナーが素っ頓狂な声を上げ、檜原湖方面を指指しています。
目を向けると檜原湖を挟んで向かい側の山が日差しを浴びて山肌を美しく輝かせています。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_12402653.jpg
曽原湖キャンプ場近辺まで移動すると青空が見え隠れし、日差しも強くなってきました。
この辺りは雪景色撮影の名所なのか三脚を抱えたカメラマンの集団を沢山見かけます。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_12432550.jpg
雪がやんだ直後なので樹木の枝に雪が乗り、なんとも美しい造形とコントラストを見せていました。

b0082895_12454236.jpg
時折吹き付ける強い風は、枝に乗った雪を蹴散らします。
蹴散らされた雪はきらきらと輝きながら青い空に吸い込まれるように消えていきます。

最初はほとんど諦めていた雪景色見物ですが、ほんの一瞬ですが青空に恵まれ美しい風景を
堪能することが出来ました。
そして200mmVRレンズの威力にもとても驚いた次第です。

今回の走行距離:747km
[PR]
by vehicles | 2009-02-23 12:50 | クルマ
雪の大内宿 ~2008年12月27日~
美味しいラーメンでお腹を満たした後、気になっていた道「那須甲子道路」を走ってみようと向かいます。
この道は行き止まりのはずですが行き止まりません。
なんとつい先日、下郷町に抜ける甲子トンネルが開通したようです。
吹雪に視界を遮られながら下郷町にたどり着き、足を伸ばして大内宿まで行ってきました。

b0082895_5123859.jpg
夏場には何度か訪れたことがある大内宿ですが、雪景色の大内宿は初めてです。
観光客もまばらでひっそり雪と冷たく吹き付ける風に耐えているような佇まいです。

b0082895_5144765.jpg
b0082895_5153610.jpg
2時間ほどのんびり散策と撮影を楽しんできました。

翌日は、一日中強い風と雪が止まず昼食に湯本までタクシーでおりお蕎麦で昼食を取り宿に戻ります。
あとはお風呂に入ってビールを飲んでうたた寝し、目が覚めると本を読む...の繰り返し。

帰京する27日は朝から晴れ渡りますが、相変わらず風は冷たい。
凍てついたボルケーノ・ハイウェイ 那須高原有料道路を慎重に下って湯本に到着。
まっすぐ帰えるのももったいないので殺生河原を散策。
b0082895_5213871.jpg
手を合わせ続ける千体地蔵、どんな思いをこめて寄進されたのだろうか
などと思いを巡らせながらのんびり歩いてきました。

明日から北海道に帰省します。
正月は両親と小樽のホテル「ノイシュロス小樽」で過ごす予定です。
今年も多くの方々にコメントを頂き感謝しています。
みなさんにとって来年も素晴らしい一年となることを祈念しております。
[PR]
by vehicles | 2008-12-30 05:27 | クルマ
白河ラーメン「とら食堂」 ~2008年12月27日~
白河ラーメンの老舗「とら食堂」に行ってきました。
開店前から並ぶので早めに行った方が良いと知人に言われていたので
お店に到着したのは午前10時前、勿論一番乗りです。
b0082895_15592359.jpg
開店まで1時間ほど待ったのですが、我々の到着後から続々とクルマが押し寄せ、
開店直前には数十人の待ち行列が出来ていました。

b0082895_1614785.jpg
店内は明るく広々としており、活気に満ちています。

b0082895_1625596.jpg
私のオーダーはワンタン麺、チャーシュー麺ではありません。
とてもサッパリしていながら味わい深いスープと腰の強いシコシコ、モチモチ麺はとても美味しい。
東京で白河ラーメンの看板を掲げたお店に入ったことがありますが、濃すぎるスープに完食できず、
白河ラーメンに対して疑念を抱いていたのですが、今回のラーメンは全くの別物、いや本物?でした。
那須方面に足を伸ばす際には必ず寄ってきたいと思える美味しいラーメンです。
[PR]
by vehicles | 2008-12-29 15:58 | 美味しかったお店
年末温泉慰労会から帰りました。
b0082895_17492895.jpg

初日、二日目は大雪と強風に見舞われましたが、最終日(本日)は真っ青な空が広がりました。
ここ10年あまり年末の定宿としていた大丸温泉旅館は秘湯の宿からの脱皮を図っているようで
若干様変わりしていました。
また、同様に楽しみにしていた蕎麦屋さんの「青木屋」さんも様変わり。
みなさん時代の変化に対応、追従すべく大変なのでしょうが、
変わらないでいて欲しいと願っていた私は一抹の寂しさを抱えての帰京となりました。
[PR]
by vehicles | 2008-12-29 14:48 | クルマ
明野村にひまわり撮影ドライブ
全開の厚木でのひまわり撮影は青空に恵まれなかったので今回はと勇んで明野村に出掛けました。
朝7時過ぎに出発したのですが、中央高速は大渋滞。
バイクならすり抜けて走るのですが、今回はプジョー206CCで出掛けたのでのろのろ運転に耐えて走ります。
今日はBMW Motorradが主催するオーナーミーティング「Biker meeting2008 in HAKUBA」が白馬で開かれます。
白馬を目指すであろう何台ものBMWライダーが我々を追い抜いていきます。

b0082895_12522299.jpg
現地に到着後、早速ひまわりの撮影を始めますが、今回も青空は薄い雲に隠されています。
前回よりも日差しがあったので撮影には支障はないのですが、青空バックのひまわり撮影は断念。
今回はマクロレンズを持ってきたので、もっぱらひまわりのアップを撮りました。
沢山の蜂がひまわりに群がり、なんとも可愛らしい光景です。
>明野村のひまわり畑はこちら

b0082895_12553052.jpg
明野村のひまわり畑は広大な敷地に沢山のひまわりが植えられています。
開花時期を調整しており、7月後半から8月末までひまわりを楽しめるようです。
1時間ほどひまわりを撮影し、次は昼食を取る蕎麦屋さんに向かいます。

b0082895_12573022.jpg
蕎麦屋さんに向かう途中で走った県道601号は増富ラジウムラインと呼ばれているようです。
この道、眼下に水田を望みながら走るとても気持ちの良い道でした。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_12592884.jpg
目的の蕎麦屋さん「藤ノ屋」には1時過ぎに到着。
店内は座敷、テーブル席があり広々としています。

b0082895_131437.jpg
蕎麦は粉の風味、麺の腰も充分なのですが、茹でた後の麺をぬるい水で洗ったようで
シャキッとしない食感です。
冷たい水で麺をしめたならどんなに美味しいだろうかととても残念でした。
冬場はきっと美味しいのでしょう。
>藤ノ屋さんはこちら

>今回のドライブにおける撮影ポイントのプロットはこちら
[PR]
by vehicles | 2008-08-04 13:05 | クルマ
日本のチロル「下栗の里、しらびそ高原を訪ねる その3 ~2008年7月20日~
流石に高原は日が沈むと気温が下がり過ごしやすく、久しぶりの熟睡。
早めに床に入ったので朝早く目が覚めます。
時刻は4:30、そろそろ朝日が昇るだろうかと三脚とカメラを抱えて外に出掛けます。

b0082895_1544791.jpg
既に何にかのカメラマンが日の出を待っています。
私もトレーナーを着込んで南アルプスの山脈が明るくなっていく姿を眺めます。
明るくなり出すとあれよあれよと言う間に太陽が昇り、構図を変える間もなく朝日撮影は終了。

朝食を済ませた後、早々と宿を出発し昨日来た道を戻って下栗村を目指します。

b0082895_15514359.jpg
昨日は初めての道、それも細い山道でしたので写真を撮る余裕は全くありませんでしたが、
今朝は2度目の道なので路肩にクルマを止めて山道撮影開始です。
気温は20℃程度、206CCの屋根を開けて走ると高原の空気が爽やかで気持ちいい。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_15504381.jpg
昨日とは違う撮影ポイントで撮った朝の下栗村です。
急斜面に張り付く人家や道の雰囲気は伝わるでしょうか?

下栗村から国道152号までは、またまた細い山道を延々と下ります。

b0082895_1554477.jpg
やっとの思いで国道152号に出ると広くきれいな舗装道路のありがたみが身にしみます。
今日は3連休の中日、152号を沢山のツーリングライダーが我々とすれ違います。
次の目的地は大井川沿いを走る国道473号線です。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_1613365.jpg
最初予定していたツーリングマップルの快走ロード印が付いた道は通行止めだったので
急遽コースを変更して大井川を目指します。
この道、国道362号線はまたまた細い山道です。それも延々と続く山道。
九十九折りを上ったり下ったりは流石にもう沢山!!って感じです。
ほとんどの行程は山間部を走る山道ですが、平地の出ると茶畑が現れます。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_1634996.jpg
やっとの思いで辿り着いた大井川。
思い描いていたのは大河に沿って伸びるワインディングロードでしたが、これは拍子抜け。
大井川はちらっと見える程度であっという間に市街地に入ってしまいました。
>撮影ポイントはこちら

牧ノ原で昼食を取り、東名高速をひたすら走って東京に着いたのは5時前でした。
今回のドライブでの走行距離:749km

>今回のドライブにおける撮影ポイントのプロットはこちら
[PR]
by vehicles | 2008-07-24 16:08 | クルマ
日本のチロル「下栗の里、しらびそ高原を訪ねる その2 ~2008年7月19日~
細く急な山道を登り続けること暫し。すると突然、急斜面に人家が現れました。

b0082895_11252062.jpg
高原ロッジ下栗の駐車場にクルマを止め、散策&撮影に出発します。
高度1100m位の高地ですが夏の日差し厳しく、汗がしたたり落ちてきます。
>撮高原ロッジ下栗はこちら

b0082895_1130689.jpg
30度あまりの斜面に張り付くように建つ人家、文字通りの九十九折りを繰り返す道。
まさに驚きの光景です。

b0082895_11324356.jpg
散策の最中に出会った村人はご老人ばかり、ここは過疎化が顕著なエリアなのでしょう。
撮影ポイントを探しながら頭に浮かんでくるのは「何故、このような傾斜地に住まいを求めたのだろう?」
です。

小1時間余りの散策を終え、今日の宿泊地しらびそ高原の「ハイランドしらびそ」に向かいます。

b0082895_11401742.jpg
またまた、細く曲がりくねった山道を1時間ほど上るとまさにチロルの山小屋風の建物が現れました。
部屋からは中央アルプスの美しい山脈が望めます。

展望風呂で汗を流し、火照った体をビールで冷やします。
質素ながら過不足無い夕食を楽しみ、食後のお茶と窓から見える景色を味わっていると
仲居さんの「今日の夕日は綺麗ですね」と話す声が聞こえます。
やばい!! 日が沈んでしまう!! と脱兎のごとく食堂を飛び出し、部屋に戻ってカメラと三脚を抱え、
宿の駐車場に駆けつけます。
>ハイランドしらびそはこちら

b0082895_11502739.jpg
三脚をセットしてファインダーを覗くとまさに日が沈みつつある瞬間。
美しい景色に目を奪われ、構図を考える間もなくただただシャッターを切ったのです。

明日は朝の下栗村をもう一度訪れ、その後は大井川沿いを走る予定です。
続く............
[PR]
by vehicles | 2008-07-23 11:54 | クルマ
日本のチロル「下栗の里、しらびそ高原を訪ねる その1 ~2008年7月19日~
延期した北海道ツーリングの代わりにプジョー206CCでドライブに出掛けてきました。
目的地は日本のチロル「下栗の里、しらびそ高原。
朝7時過ぎに出発したのですが東名高速は厚木まで大渋滞、さすがに連休の初日です。
お昼前にやっと東名高速を袋井ICで降り、天竜川を目指します。

b0082895_1592031.jpg
天竜川沿いに伸びる秋葉街道は交通量が少なくとても快適。
道の駅「天竜相津 花桃の里」で昼食を取ります。
お店の窓から天竜川を跨ぐ歩行者専用の橋「夢の架け橋」が美しい姿を見せています。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_15131119.jpg
昼食後、再び秋葉街道を天竜川川上に向かって走ります。
天竜川に沿ってゆったりと蛇行しながら伸びるこの道はバイクで走ると
どんなに気持ちよいだろうかと、想いを巡らせながらアクセルを踏み込みます。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_15155827.jpg
秋葉街道は天竜川を離れる辺りから道幅がどんどん細くなります。
兵越峠に近づくにつれ上り坂は急になり、ブラインドコーナーの連続です。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_15182611.jpg
鬱蒼と茂る樹木が覆い隠す兵越峠の蛇行路、ブラインドコーナーのから
クルマやバイクが飛び出してこないかと目を凝らしながらの走行が続きます。
やっと平地に出ると緊張がほどけ、しばし休憩。
長閑な田舎風景が広がっていました。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_1522413.jpg
安心もつかの間、下栗の里に向かう道は、獣道のような細い道が急斜面を
蛇行しながら山肌を上ります。
路面は舗装してあるので安心ですが、この道はバイクでは少し難儀しそうな印象です。
>撮影ポイントはこちら

続く..............
[PR]
by vehicles | 2008-07-22 15:24 | クルマ
206CCのボディ損傷はとても高くつきそう.....
先週末、パートナーが私のブログを何気なく見ていた....数秒後...「えっ!!
ついにボディを擦ってしまったことが発覚しました。

最初は「可哀想な206CC...」ととても悲しげな声を出していたのですが、
その後は、私をしっかりと睨んでグーに握った手をかざして近づいてきます。

私は身の危険を感じ、後ずさり....「何でも好きなものをご馳走させてください...」
暫し考えたパートナーは「味屋さんで好きなものを食べる!」

なんとかこれで決着がつきそうと私は胸をなで下ろします。

b0082895_17194949.jpg
最初に出てきたのは「島カツオのお造り」、マグロとは違うすっきりした甘みは堪えられない。

b0082895_17212021.jpg
次は「マコガレイのお造り」、エンガワが添えられており、その美味しさはうっとりするほど。
この辺りからパートナーはこの店に来た理由も忘れて飲み食いに精を出す。

b0082895_17235553.jpg
「姫竹の焼き物」、北海道産の姫竹は私にとってとても懐かしい風味でした。

これ以外にもオーダーを続けるパートナーは一生懸命に飲み食いを続けます。
カーコンビニ倶楽部での修理見積は約8万円、結局不注意によるボディ損傷は10万円近い出費となりそうです。
[PR]
by vehicles | 2008-06-02 17:29 | 広尾近辺のおいしい食事処
やってしまった.....
b0082895_15253778.jpg
昨日、普段の足に使っているパートナーの206CCで出掛けようとして駐車場から
クルマを出す際、駐車場の柱にボディを擦ってしまった。
迂闊にも動き出してすぐにハンドルを切ったのが良くなかった。
ガリガリッと言う嫌な音と衝撃....やってしまった....目の前が真っ白に。

まだ、このことはパートナーには告げていません。
きっとこのブログを見て驚くでしょう....ごめんなさい。
早急に修理に出します。
[PR]
by vehicles | 2008-05-28 15:39 | クルマ