「ほっ」と。キャンペーン

    
バイクやクルマであちこちを走り回り、道の写真、風景写真を撮りまくるおじさんのブログ。撮影機材はD700,GX100。
by vehicles
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
クルマ
バイク
美味しかったお店
広尾近辺のおいしい食事処
温泉
バイクのメンテ・ログ
独り言
ツーリング速報
スナップ写真
モノクロ写真
やきとん「おふくろ」
ゴールデンレトリーバー
山歩き
マクロ写真
おいしいトンカツを求めて
熱帯魚
タグ
(166)
(153)
(85)
(40)
(40)
(35)
(29)
(29)
(26)
(26)
(26)
(24)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(4)
(2)
(1)
お気に入りブログ
お山遊び
オートバイとペンタ君
自己満足な毎日(R115...
Toy box 2nd leg
哲学の道
人生山あり谷あり各駅停車...
バイクのある日常 (Bi...
点描2
バイク FJR1300
chacoと綴る散歩日記...
ぼん家の縁側
ツーリング・山・麺
Hiro's Bar
R×R camper's...
yaya、なんとなくな暮らし
GSオレンジ
週末は瀬音を聞きながら
チャーハン・炒飯 美味礼賛
秋田のタカさん旅日記
日々是好日
PZdiary
Macro & Natu...
我孫子の Kuriemo...
自分色のGS
子の日窯日記
遊びとGSの代理人
garage house...
GS漫遊記Ⅱ
エキサイト以外のブログとサイト
以前の記事
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
more...
最新のトラックバック
Canon デジタルカメ..
from お買得情報連絡便り
Nikon デジタル一眼..
from お買得情報連絡便り
PENTAX デジタルカ..
from お買得情報連絡便り
FUJIFILM デジタ..
from お買得情報連絡便り
くちこみブログ集(くるま..
from くちこみブログ集(くるま)(..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
今年の走り納め
from ぼん家の縁側
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
ペンション グリーンカル..
from 黒川温泉宿ホテル予約
黒川温泉
from 黒川温泉
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:秩父方面 ( 7 ) タグの人気記事
林道の通行止め巡り?ツーリング ~2008年11月1日~
朝目が覚めるて窓越しに外を覗くと真っ青な空が広がっています。
早々に朝食を済ませ、出発です。

b0082895_1759115.jpg
走り出すと澄み切った空気越しに気持ちよく伸びる道と山の緑が目に入ります。
ツーリング2日目の出発でこんな景色に飛び込むと気持ちはどんどん盛り上がります。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_1824319.jpg
最初の目的地「上野スカイブリッジ」です。
最高で地上から90mもの上空を歩くことが出来るらしいのですが、高所恐怖症の私は
ほんの10m位歩いただけで鼓動が早まり、冷や汗が吹き出します。
なのでここは写真撮影だけを楽しみました。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_1852671.jpg
次は林道中ノ沢線に向かうべく国道299号をスイスイと走り、県道124号に進みます。
この道は舗装も荒れており、細くうねった道ですが道路脇を流れる渓流を眺めながら走ると
なんとも気持ちよく、林道中ノ沢線への期待感が膨らみます。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_189288.jpg
行き交うクルマやバイクはほとんどないので、景色を眺めながらるんるん気分の走行を続けて、
林道中ノ沢線の入り口に近づきます。
するとまたまた目にしたくないあの看板........。茫然自失の状態がしばらく続きます。
これもまた致し方ないので、最後の予定路「林道上野大滝線」に向かうことにします。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_1813326.jpg
宿泊したヴィラせせらぎまで戻り、野栗沢温泉方面を目指します。
この道も細く舗装は荒れ放題、加えて山を登る際はとんでもない九十九折りを繰り返します。
こんな道はBMW R1150RSでは絶対に走れません。
XR230ではゆっくりですが軽快に峠を登ることが出来ます。
この自転車感覚で大自然の中を走り回るのはとても爽快です。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_18181417.jpg
天丸トンネル近辺では真っ青な空と黄色く色付いた木々がとても美しく目を楽しませてくれます。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_1820306.jpg
峠を登り切って埼玉県に入ります。しばらく走ると待望の林道上野大滝線のダートに到着です。
比較的フラットなダートなので私もパートナーもゆっくりですが楽しみながら走ることが出来ました。
パートナーの走行速度も前回に比べかなり速くなっています。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_18232815.jpg
ダートではバイクを駐めて撮影できる場所が意外と少ないので広めの場所を通過する時は
バイクを駐めて周辺の景色を眺め、写真撮影を楽しみます。
すれ違うバイクもなく、本当に静かな世界でした。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_18264886.jpg
ダートが終わり、県道210号に入るとそこはもう中津峡です。
紅葉は始まったばかりかなと思える様子ですが、カメラを抱えたハイカーやツーリングライダーで賑わっています。
>撮影ポイントはこちら

今回はあまりダートを走ることが出来ませんでしたが、2日目が好天は落ち込みそうな気持ちを支えてくれ
結果としてはとても楽しめたツーリングだったように思います。
XR230の軽快感、自転車感覚の開放感に改めて満足を深めました。

今回のツーリングで写真を撮ったポイントはこちらです。
本日の走行距離:149km
[PR]
by vehicles | 2008-11-05 18:33 | バイク
林道の通行止め巡り?ツーリング ~2008年10月31日~
3本の林道を走破すべく朝7時に広尾を出発。
8:30には狭山のガレージをXR230に跨って出発しました。
関越道を本庄・児玉ICに向かって走りますが、風が冷たく体がどんどん冷えていきます。
SAに立ち寄りバイクウェアの下にTシャツを重ね着し、ネックウォーマーで完全装備です。
本庄・児玉ICを降り、神流湖に向かって国道462号を走りますが、気温はどんどん下がります。
寒さに耐えかねて、神川町の洋品屋さんでタイツと防寒ベストを買い込み、その場で着込みます。
やっと冷たい秋の風から解放され、交通量の少ない国道462号を神流湖に向かって走ります。

b0082895_15374882.jpg
途中で冬桜の看板を見つけ、サクラ見物に桜山森林公園に寄り道です。
冬桜はまだ咲き始めのようでしたが、赤く色付いたモミジとサクラの競演はなんとも美しい風情です。
>桜山森林公園はこちら

b0082895_15412641.jpg
神流湖湖畔から御荷鉾スーパー林道に向けて右折し、ナビが導く道を進みます。
前方に林道らしき森の中の道が現れます。
これが御荷鉾スーパー林道?と訝しく思いながら進むと、路面が雑草に覆われた廃道のような道に変わります。
大きな水たまりや蜘蛛の巣を必死の思いでクリアして進むといきなり採石場が目の前に広がります。
軽トラに乗った作業員さんに道を聞くと途中のY字路で道を間違ったようです。
来た道を戻るのが一番早いようですが、私もパートナーもそんなことは恐ろしくて出来ません。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_15492510.jpg
神流湖に向け方角だけを頼りに進んでいくと道が崖に突き当たります。
途方に暮れながらUターンして別の道で神流湖にやっと戻ります。
>撮影ポイントはこちら

振り出しに戻って御荷鉾スーパー林道を目指します。
細く荒れた舗装道路ですが、交通量が少ないので比較的快適に走ります。

b0082895_15535147.jpg
時刻は午後2時を過ぎ私もパートナーも空腹状態です。
今回は林道の景色が良いところでサンドイッチを食べようと、
フランスパン、チーズ、レタス、ハムを持参してきました。
そんな甘い夢を打ち砕くように駐車できる場所はなかなか見つかりません。
やっと道路脇の開けたスペースを見つけバイクを駐め、待望のランチです。
トップケースをバイクから外してテーブル代わりにしてサンドイッチを作り無心で頬張ります。
>撮影ポイントはこちら

期待とは余りにかけ離れた林道ランチを終え、御荷鉾スーパー林道を目指します。
しかし、またまた道を間違え山を下って国道462号に戻ってしまいます。
県道46号でまた山を登り直して御荷鉾スーパー林道に向かいます。

御荷鉾スーパー林道の看板を見つけた時は、長く苦難の道を走破してきた感動から目頭が熱くなります
比較的に堅く締まったフラットなダートは走りやすく、パートナーも快調に走っています。

b0082895_1671531.jpg
前方に管理事務所が現れ、男性が手を振っています。
停車するとこの先は通行止めとのこと。
目の前が真っ暗になります......やっとの思いで辿り着いたのに....神も仏もない...
>撮影ポイントはこちら

b0082895_1681195.jpg
致し方ないのでモミジの撮影で落ち込みそうな自分を慰めます。
しっかり情報収集をしなければ林道ツーリングは成功しない、次回は用意万端で出掛けようと
自戒の言葉をつぶやきます。
この時は翌日も通行止めに出会うとは夢にも思わない私でした。

b0082895_1616713.jpg
管理事務所の職員さんは気さくな人で昨夜熊が出たとその爪痕を見せてくれました。
屋根の上にある蜂の巣を狙って事務所の壁をよじ登ろうとしたとのことです。

b0082895_16185388.jpg
30分ほど休憩して来た道を戻ります。
気を取り直してスタンディングでダートを走る練習をしたりします。
私はなんて前向きな人間なのだろうと自分で自分を褒め称えます。

あとは今日の宿「ヴィラせせらぎ」を目指すだけです。
美しい景色を見ながら交通量の少ない国道462号を走ります。
この道はゆったりしたカーブが連続するとても気持ちよい道です。

b0082895_1623276.jpg
ヴィラせせらぎは循環式ですが心地よい温泉があり、部屋も広めで小綺麗です。
夕食は山菜が中心のお料理で華美ではありませんが美味しい普通の食事が出来ました。
迷走を繰り返した疲れから私もパートナーも早めにベットに入り寝入ったのです。
>ヴィラせせらぎはこちら

本日の素行距離:174km
[PR]
by vehicles | 2008-11-04 16:26 | バイク
行く先、行く先の林道が通行止めの林道ツーリング
b0082895_1851131.jpg
31日、1日と1泊で林道ツーリングに行ってきました。
しかし、メインに考えていた御荷鉾スーパー林道、林道中ノ沢線は通行止め。
押さえに選んでいた林道上野大滝線だけを走ってきました。
林道は心残りでしたが桜山公園の冬桜、中津川の紅葉は素晴らしく
結果としては楽しいツーリングでした。
ツーレポは後日アップします。
写真は林道上野大滝線の山吹トンネル前です。
[PR]
by vehicles | 2008-11-01 18:58 | バイク
初めてのダート走行 ~林道大名栗線~
今日は仕事が暇だったので、朝早く出発して林道大名栗線を走ってきました。
初めてのダート走行なのでパートナーは緊張気味です。

b0082895_17592065.jpg
名栗温泉過ぎると唐突にダートが始まりました。
それも浮き石があちこちに転がっているガレ場です。
時速20km以下でのろのろ走るのですが、パートナーとの距離がどんどん離れます。
無線で「あまりスピードを落とすとふらつくよ....」と呼びかけても反応無し。
彼女は初めてのダート走行を必死の思いで走っていたようです。
この写真はガレ場が切れた辺りで一休みした時の様子。
後で聞いた話ですが彼女はXRを買ったことに大きな後悔を感じていたそうです。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_1865061.jpg
路面の浮き石が減り、比較的走りやすくなりパートナーのスピードも心持ちアップ。
林の中から見晴らしの良い場所に出たので一休み。
パートナーの顔はまだこわばっていました。
私も30年以上前のオフロード走行の感触が少しだけ蘇り、体の力が抜け良い感じです。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_18104530.jpg
有馬渓谷観光つり場へ降りる道が通行止め。
左の道を進むと何処に出るのか不安で途方に暮れていると前からライダーが降りてきます。
手を振って止まってもらい、先の様子を教えてもらいます。
しばらく走ると有馬渓谷観光つり場に降りられるとのことで一安心です。
彼は「転んでしまったんですよ」と笑いながら歪んだチェンジペダルを踏み込んで去っていきました。
>撮影ポイントはこちら

この辺りからパートナーのスピードが急に上がったのにはビックリ。
ある程度スピードを出した方がふらつかないことを実感し、実行できたようです。

b0082895_1816313.jpg

しばらく上り下りを繰り返すと細い舗装道路に出ます。
これが名栗湖方面に行く道だろうと期待して進みます。
舗装道路の走りやすいことに驚きと安心が沸き上がります。
まるで滑るように走るって感じです。
写真は有馬渓谷観光つり場の少し上、バイクで釣りに来ていた若者が話しかけてくれ少し和みました。
>撮影ポイントはこちら

約30km程度のダート走行を終えて、1時過ぎにファミレスで昼食。
パートナーですが、最初はXRの購入を後悔したそうですが少し慣れて自信が付いたのか
またダート走行に来たいようなことを口にします。
我々の共通認識としては「ダート走行はスポーツ」、力んだ為かもしれませんが筋肉を酷使したようです。

本日の走行距離:95km(広尾~狭山はクルマ)
[PR]
by vehicles | 2008-10-22 18:25 | バイク
XR230の納車+初走行 ~奥多摩、名栗湖~
狭山に借りた駐車場で午前10時に新しいバイクXR230が納車されました。
一通りの操作説明を受けた後、プジョー206cc用に使っていたナビ、nuvi250を取り付けます。
これはラムマウントでハンドルに固定します。
次はトランシーバー用のPTTスイッチを左グリップにマジックテープで固定。
カメラ積載用に付けたGIVIのトップケースにカメラ、レインウェアを収納していよいよ出発。

セルを回すとトットットットッっとエンジンが回り出します。
小さく軽い音に少し拍子抜け、230ccの単気筒エンジンですからこんなものかもしれませんが
ヘルメット越しに聞こえる音は周囲の騒音にかき消されてしまいそうなくらいです。

500kmくらいまでは慣らし運転をして欲しいと言われたので慎重にアクセルを回し、クラッチを繋ぎます。
バイクが動き出し、足をステップに乗せようとするとステップがない.....ではなく見つからない。
乗り慣れたR1150RSとはライディングポジションが大きく異なり大あわてです。
ステップを探しだし足を乗せシフトアップしようとつま先を蹴り上げると空振り.....
慌ててチェンジペダルを探して蹴り上げるとニュートラルに入る....
失速しそうになりながらやっと2速に入ります。

後ろを走るパートナーも私同様に初乗車の洗礼を受けたようでのろのろフラフラ走っています。
最初の目的地は奥多摩湖ですが、高速は使わず下道で行きます。

b0082895_11523528.jpg
奥多摩湖までの走行で徐々にバイクに馴染んでいきます。
エンジンパワーが小さいので頻繁にシフトチェンジが必要でR1150RSで走るようなずぼら運転は出来ません。
またタコメータがついていないのでエンジン回転数が解らず、ついつい早めのシフトアップになります。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_11574739.jpg
緊張が少し緩んでくるとお腹が空いていることに気づき、奥多摩湖畔の「のんきや」で昼食です。
豚骨系醤油スープは比較的あっさりしていて豚骨スープ嫌いの私でも美味しく食べられます。
早めに食事を済ませ、次の目的地である名栗湖を目指します。
>のんきやさんはこちら

b0082895_121675.jpg
名栗湖湖畔で一休み、名栗カヌー工房の先には山裾が折り重なった墨絵のような
美しい景色が広がっていました。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_123284.jpg
この写真、何かというと軍手を見せるパートナーです。
緊張していたのかパートナーはグローブを忘れてきたので途中のコンビニで買った
軍手をグローブ代わりに使っての初走行だったのです。

b0082895_1263682.jpg
名栗湖を周遊できる細く荒れた道に進みます。
もしR1150RSに乗って来たなら、先にダートがありそうで踏み込めない道ですが、
XR230なら何の躊躇もなく進めます。
パートナーも同様に感じたらしく、これは大きなアドバンテージです。
名栗湖をのんびり一周して狭山に戻りました。
>撮影ポイントはこちら

初走行の感想
・軽量で小振りな車体は立ちゴケの不安は全くなく、精神的なストレスが皆無。
・エンジンパワーが小さく高速走行はかなり辛そう、荒れた林道をのんびり走るには
 マイルドなエンジンで丁度良さそうですが、もう少しパンチが欲しい。
・舗装された道路のコーナーを60~70kmくらいで走り抜けるのは車体が軽いせいで
 ひらりひらりと舞うような面白さがある。
・シートが小さい為か走り出してすぐにお尻が痛くなる、長期路ツーリングは無理か?
・nuvi250はすぐにバッテリーが切れそうなのでバイクのバッテリーから電源を取る必要有り。

総論
林道専用車と思えばこのくらいの軽量ボディとエンジンパワーが最適なのかもしれない。
まずはこのXRで林道走行の慣れと楽しさを手に入れたいと思います。

追伸
バイクを狭山の駐車場に置いてクルマで帰ったのですが、渋滞した高速や都内をバイクで
すり抜けすること無しに帰宅できたのはとても楽でした。

本日の走行距離:143km
 
[PR]
by vehicles | 2008-10-20 12:22 | バイク
桜が咲く秩父の山間を走る ~4月7日~ 
まだ走ったことのない道を走ってみようと、ツーリングマップルの
お薦めルートを調べ、秩父方面に出かけてきました。
※写真はクリックで拡大します。

b0082895_10132331.jpg関越道を走り花園ICを降り県道294号には入ります。
交通量はとても少なく、所々で咲いている桜の横を気持ちよく走ることができます。
初めての道を走る際は多少トンチンカンであってもナビは強い味方になります。
太陽が昇るに従って気温が上がり、インナー付きのジャケットの下は汗がにじんできます。

b0082895_1022461.jpg県道294号から県道11号に入ると徐々に峠を登り出します。
交通量は相変わらず少なく、時折ツーリングのバイクが我々を追い越していきます。
このコースはのんびりツーリング派が多いのか、比較的軽装のライダーが多いようです。
この道の両脇にも至る処に桜が植えられており、5分咲き程度の小さな花が道を飾っていました。

b0082895_10271340.jpg県道11号を定峰峠に向かって上っていくと道幅が狭くなり路面も若干荒れてきますが、緊張感を伴う程ではありません。
峠を登り詰め、下りに差し掛かると秩父方面の眺望が開け思わず目を奪います。
バイクを駐めてしばし景色に見入るライダーが後に続きます。

b0082895_10325067.jpg秩父市内に近づくと道も広くなり路面も整ってきます。杉林のなかをうねるように伸びる道を気持ちよく駆け抜けます。
秩父市内は若干渋滞しており、芝桜が見頃のようでそちらに向かう道は長蛇の列が連なっていました。
多数のバイクが集っていた道の駅「芦ヶ久保」で一休みした後、県道53号で青梅に向かいます。

b0082895_10384165.jpgこの道は青梅方面から秩父に向けて走ったことのある道ですが、前回とは逆方向に走るので目に映る景色も新鮮です。
青梅と秩父を結ぶこの道はライダー御用達の道なのか沢山のライダー達と出会いました。
ゆるやかなコーナーが連なるこの道はとても走りやすく、パートナーも気に入ったようです。
帰路は青梅から圏央道、関越を乗り継いで東京に戻り4時過ぎには到着していました。
本日の走行距離:245km
[PR]
by vehicles | 2007-04-11 10:44 | バイク
3週間ぶりの日帰りツーリング ~美味しいお蕎麦「和味」 11月25日~
b0082895_16382481.jpg雁坂トンネルを抜け、赤く染まったもみじを見ながら荒川村に丁度お昼頃に入りました。
ナビの教えに従って国道140号を右折すると目的の「和味(なごみ)」までの道路が途中で工事をしており通行止めになっています。
致し方ないので工事現場前にバイクを止め、徒歩でお店を目指します。
400~500mほど歩くと野中の一軒家風のお店が現れました。

b0082895_16453170.jpg店内はテーブル席が3セット、奥にお座敷があります。
店主らしき男性の威勢のよい声が店中に響いています。
お馴染みさんが多いようで親しげに来店のお礼を言っているようです。

私はせいろそばを2枚お願いしました。
さほど待たずに1枚目のせいろそばが出されます。

b0082895_16492698.jpg2枚たのむと一度に2枚出す店がほとんどですが、どうやら1枚ずつ出してくれるようです。
2枚を同時に出されると2枚目の蕎麦が乾いて情けない状態になることが多いので、1枚ずつ出してくれるのはきっと店主のこだわりの表れであろうと思います。
お蕎麦はしっかりした香りが楽しめる細身の麺で、つゆは私にとっては若干甘めですが、美味しく頂けます。

b0082895_16545651.jpg1枚目を食べていると店主が「2枚目は福みみそば」にしませんか?」と勧めてくれるのでそれに従いました。
右の写真が「福みみ」そばです。
蕎麦を打って切る際に残る両端の部分だそうです。
こちらは蕎麦のよい香りに加え、しっかりした歯ごたえと味が楽しめます。
久しぶりに美味しいお蕎麦屋さんの新規開発が出来ました。
食事を済ませた後、バイクまでのんびり歩きながら所々に紅葉の彩りを見せる景色を楽しみます。
後は帰るだけ、関越道をひた走って帰宅したのは4時前です。
3週間ぶりにバイクに乗れた楽しさ、美味しいお蕎麦と充実した一日でした。
走行距離:292km
[PR]
by vehicles | 2006-11-28 17:07 | 美味しかったお店