バイクやクルマであちこちを走り回り、道の写真、風景写真を撮りまくるおじさんのブログ。撮影機材はD700,GX100。
by vehicles
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
クルマ
バイク
美味しかったお店
広尾近辺のおいしい食事処
温泉
バイクのメンテ・ログ
独り言
ツーリング速報
スナップ写真
モノクロ写真
やきとん「おふくろ」
ゴールデンレトリーバー
山歩き
マクロ写真
おいしいトンカツを求めて
熱帯魚
タグ
(166)
(153)
(85)
(40)
(40)
(35)
(29)
(29)
(26)
(26)
(26)
(24)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(4)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
お山遊び
オートバイとペンタ君
自己満足な毎日(R115...
Toy box 2nd leg
哲学の道
人生山あり谷あり各駅停車...
バイクのある日常 (Bi...
点描2
バイク FJR1300
chacoと綴る散歩日記...
ぼん家の縁側
ツーリング・山・麺
Hiro's Bar
R×R camper's...
yaya、なんとなくな暮らし
GSオレンジ
週末は瀬音を聞きながら
チャーハン・炒飯 美味礼賛
秋田のタカさん旅日記
日々是好日
PZdiary
Macro & Natu...
我孫子の Kuriemo...
自分色のGS
子の日窯日記
遊びとGSの代理人
garage house...
GS漫遊記Ⅱ
エキサイト以外のブログとサイト
以前の記事
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
more...
最新のトラックバック
Canon デジタルカメ..
from お買得情報連絡便り
Nikon デジタル一眼..
from お買得情報連絡便り
PENTAX デジタルカ..
from お買得情報連絡便り
FUJIFILM デジタ..
from お買得情報連絡便り
くちこみブログ集(くるま..
from くちこみブログ集(くるま)(..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
今年の走り納め
from ぼん家の縁側
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
ペンション グリーンカル..
from 黒川温泉宿ホテル予約
黒川温泉
from 黒川温泉
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:水上・奥利根方面 ( 8 ) タグの人気記事
テレマークスキーに初挑戦 ~アルペンスキーとの違いに大いに戸惑う~
b0082895_944118.jpg
5日の土曜日、沼田にあるたんばらスキーパークに出掛けてきました。
目的はテレマークスキーのレッスンを受けること、勿論ですが初体験です。
テレマークスキーはスキーブーツのヒールが持ち上がり、山を登ったり、トレッキングしたり、ゲレンデ以外の斜面を滑り降りたりするスキーでゲレンデスキーに比べてとてもマイナーな存在です。

私は16歳の頃に北海道で1級を取り、ゲレンデやポールなどでスキーを楽しんでいました。
大学に来てからは白馬(八方尾根)で居候をしながらスキーを続けておりましたが
就職してからはすっかり遠のいていました。

今年の暮れの温泉忘年会で久しぶりに滑り、私もパートナーもスキーの面白さを思い出していました。
しかし、またゲレンデを滑るのはすぐに飽きてしまいそうで、用具を買うまでは盛り上がりませんでした。

しかし、WEBでテレマークスキーを再発見し(昔から知っていましたが気にとめていなかった)、俄然興味が湧いてきたのです。
とりあえず、バーゲンが始まった神田のスポーツショップでスキーウェアのみを買い求め、板と靴はレンタルで今年は様子を見ることにしました。

そして、いよいよテレマークスキーに初挑戦です。
ゲレンデスキーではそれなりに自信があったのですが、ヒールが持ち上がるのでスネや膝頭でスキートップに加重をかけるような体制がとれません、すぐによろけていまいます。
先生に基本を教わり、スキーを履いての歩行練習、山回りターン、谷回りターンを繰り返します。
その途中で何度か転んでしまいます、実はここ何十年もスキーで転んだことがないので、転び方が全く解らなかったのです。

2時間ほどのレッスンの後、フリーで滑ったのですがこのころからなんとなく感じが掴めだします。
緩斜面をパラレルで滑り降りると久しぶりに味わう達成感、満足感が体を覆います。
ゲレンデスキーでひたすら斜滑降やシュテムを繰り返していた頃の感覚が蘇ります。
「もっと上手く滑りたい!」、「急斜面を滑り降りたい!」という欲求がふつふつと湧いてきます。

パートナーも同じようにゲレンデスキーとは違う面白さにすっかり嵌ったようでした。

b0082895_1032350.jpg
板を担いで山を登り、パウダースノーの斜面を滑り降りるのはかなり先になりそうですが、テレマークスキーを50歳の手習いで始めることにしました。
今週の土曜日も蓼科のスキー場でレッスンを受ける予定です。
それにしても私が白馬にいた頃に比べて、ゲレンデは空いていますね!!
[PR]
by vehicles | 2011-03-07 10:05 | クルマ
独特の食感が楽しめるお蕎麦 「そば処ひ乃き」
b0082895_15325469.jpg
川古温泉浜屋旅館に行く途中で立ち寄ったお蕎麦屋さんは「そば処ひ乃き」さん。
関越道の大渋滞に巻き込まれお店に到着したのは午後2時、空腹状態はピークを指していました。
オーダーしたのはひ乃きそば(もりそば)の大盛り、そばの香り風味も芳醇な美味しいお蕎麦です。
驚いたのは蕎麦を噛みしめると蕎麦が口の中で溶け、口の中にまったりとまとわりつくような印象です。
言い換えるととても濃い蕎麦湯で口をゆすいだような感じです。
これは不快なのではなく、私にとってとても面白く楽しいお蕎麦でした。

b0082895_15331525.jpg
私は蕎麦湯が大好きです。
お酒を飲み過ぎた翌日はそば屋で蕎麦湯を飲むためだけに蕎麦を頼んだりします。
私の蕎麦湯の飲み方は蕎麦つゆと蕎麦湯の割合が2:8位、
そばの薬味として添えられるネギはそばを食べる時には蕎麦湯用に温存しておき、熱い蕎麦湯に風味を添えます。
熱い蕎麦湯を啜り、ネギを噛みしめてしゃきしゃき感を楽しむ.....日本人で良かった.....です。
[PR]
by vehicles | 2010-03-24 15:30 | 美味しかったお店
温泉と美味しい川魚料理が楽しめる宿、川古温泉浜屋旅館
b0082895_11185844.jpg
先週末はご贔屓に出来る温泉宿探しで川古温泉浜屋旅館に行ってきました。
土曜日は3連休の初日で当然ながら関越道は大渋滞。
連休の初日は高速道路が大渋滞となることをすっかり失念したいた我々は押っ取り刀で朝9時に出発。
大渋滞の関越道をじっと耐えること5時間でやっと水上ICを降ります。

b0082895_11243471.jpg
川古温泉浜屋旅館は赤谷川の河原の上の僅かな平地に、へばり付くようにして建っています。
今回の宿泊でとにかく驚いたのが出される食事の美味しさです。
高い山々に囲まれたこの一軒宿では川魚料理がメインです。
実は私は川魚料理が大の苦手でしたが、ここ浜屋旅館で出されるマスの刺身、フライ、イワナの塩焼きは
どれも絶品、泥臭さは皆無で最高のお味です。
予め調理した料理を予めテーブルに並べておくのではなく、客が席についてから
それぞれの料理が出されますのであつあつが楽しめます。
海産物の刺身や天ぷらが付かないのもポイントを上げました。

b0082895_11235847.jpg
温泉は男女別内湯と混浴の露天+内湯。
お湯は若干ぬるめなので真冬の入湯は厳しそうですが、春から秋にかけてはのんびり長湯が出来そうなお湯です。
我々はビールを飲みながらのんびりお湯に浸かり、大自然を独り占めで楽しめました。

この宿は予想を大きく上回る素晴らしい宿でした、
きっと夏前や紅葉の季節にはまた訪れるご贔屓の宿になるでしょう。
[PR]
by vehicles | 2010-03-23 11:40 | 温泉
天神平、水上高原への雪見ドライブ  ~ 水沢うどんの食べ比べ ~
水上へ向かう途中と水上から戻り途中、伊香保に寄り水沢うどんを食べ比べてきました。

★★★始祖清水屋さん
b0082895_16421021.jpg
私にとって水沢うどん=このお店のうどんです。
麺は腰がありながら繊細な旨みを感じさせてくれる絶品麺に思えます。
またゴマだれもゴマの風味を押さえて生姜の香りととても良いバランスに思えます。
他のお店よりお値段は若干高いのですが、その価値は十分にあります。
b0082895_1542521.jpg
店内は普通の蕎麦屋さん風。他のお店が嫌みなほど内装に凝っているのに比べ
実にシンプルで落ち着く店内です。
うどんで勝負している...って気概が感じられます。


★元祖田丸屋さん
b0082895_16485414.jpg
麺は喉越しも良くいけるかな...っと持った瞬間、口の中になんだかかび臭さが残りました。
まさかと思い、何度も吟味するように口を動かしたのですがその印象は変わりません。
店を出た後、パートナーに話すと麺を盛っているざるがかび臭かったとのことでした。
付け汁は普通の醤油出汁とゴマだれの両方を楽しめます。
ゴマだれはゴマの風味が少し強めに感じ、醤油出汁では水沢うどんの醍醐味が失せてしまいます。
b0082895_157137.jpg
外から見る限りでは普通のうどん屋さんに見えますが店内は古民家を現代風に改造
(しすぎた)作りです。
田丸屋さんはうどんすきブロガーの評価が高かっただけに今回は残念でした。


大澤屋さん
b0082895_1657372.jpg
麺は少し茹ですぎとおもえる食感、ゴマだれは私にとっては濃すぎました。
パートナー曰く「瓶詰めのゴマだれと変わらない」だそうです。
お値段は今回入った店の中で一番安い。

b0082895_15101732.jpg
【RICOH Caplio GX100】

大澤屋さんは2店舗有り、我々が入ったのは第一店舗。
まるでサービスエリアの休憩エリアのように広々としています。
トイレはトイレ専用の建屋まで歩いていきます。(これもサービスエリア風)

--------------------------------------------------------------------------------------

我々にとっては清水屋さんが一番美味しく感じられたお店でした。
美味しさは人それぞれですから、みなさんも食べ比べてみては?
[PR]
by vehicles | 2008-02-08 17:05 | 美味しかったお店
天神平、水上高原への雪見ドライブ  ~ 天神平 2008年2月2日 ~
青空が逃げないうちにと逸る気持ちを抑えつつ、天神平ロープウェイ土合口駅に向かいます。
流石に土曜でしたので6F建ての駐車場の1Fは満車です。
晴れてくれ!!と祈りつつロープウェイで天神平に向かいました。


b0082895_15182064.jpg
【Nikon D200 + Ai AF Nikkor 35mm F2 D】

到着してゲレンデを見渡すと斜面にシュプールが幾筋も刻まれています。
昨夜の雪が適度な新雪状態を作ったのでしょう。積雪は270cmでした。
滑り降りてきたボーダー達は「最高!!」と興奮しきった歓声を上げています。


b0082895_15184444.jpg
【Nikon D200 + Ai AF Nikkor 50mm F1.4 D】

谷川岳を見上げると山頂付近は薄い雲に覆われています。
待つこと30分。雲が移動してやっと山頂が姿を現しました。
雲の移動を待っている間にスノーシューを履いた登山者が声をかけてくれます。
スノーシューに興味を持っていた私は、あれこれ質問をぶつけ来年の冬はスノーシューに
挑戦してみようなどと夢を膨らませたのです。


b0082895_15192794.jpg
【Nikon D200 + Ai AF Nikkor 50mm F1.4 D】

このスキー場も7割方はボーダーが占めています。
スキーを楽しんでいるのは年配者が多いように見受けられました。
ボーダーもスキーヤーも適度な新雪を楽しんだ様子で上気させたで顔、
晴れやかな声がとても印象に残りました。


b0082895_1520449.jpg
【Nikon D200 + Ai AF Nikkor 35mm F2 D】

気がつくと1時間以上を寒い野外で撮影していたので体がすっかり冷え切っています。
パートナーもケロ山をモデルに写真撮影に没頭しています。
撮影が一段落したところでロッジに入りコーヒーで体を温めることにしました。
ロッジは広々としており、空いているというか人気がないような状態でした。

今回の雪見ドライブが2月の降雪時期としてはまあまあと言ったところだったでしょう。
白く輝く雪原や谷川岳を撮影できたので自分としては満足できました。
今週末の連休は磐梯か白馬辺りに足を伸ばそうかと考えていましたが、
天気予報では荒れるようなので延期しようかと考えています。
[PR]
by vehicles | 2008-02-06 18:13 | クルマ
天神平、水上高原への雪見ドライブ  ~ タヌキのお宿 洞元荘 2008年2月1日 ~

b0082895_15302618.jpg
【Nikon D200 + Ai AF Nikkor 35mm F2 D】

撮影を切り上げ、本日の宿である「タヌキのお宿 洞元荘」に入ります。
この宿は野生の狸を餌付けしているとのことで運が良ければ狸さんに出会えるらしい。
前回の温泉宿がひどかったので、緊張しながら宿に足を踏み入れると室内はほのかに暖かい。
良かった! 普通らしい....これで温泉が温かければ文句なく普通だ!


b0082895_1531856.jpg
【Nikon D200 + Ai AF Nikkor 24mm F2.8 D】

12畳もある広い部屋に入るとやはり暖かい。
窓もひび割れていない、窓際の椅子に恐る恐る座る...座面は抜けていない。
よかった...普通だ。

b0082895_15314587.jpg
【RICOH Caplio GX100】

部屋で一休みした後、冷えたビールを持って露天風呂に向かいます。
露天風呂は母屋から離れたところにあり、宿のゴム長を履いて少し歩きます。
気温は-3℃くらいで浴衣姿では脱衣場に着くまでの間に体が冷え切り、がたがた震えてきます。
脱衣場から湯船を見ると湯気がもうもうと漂っています。
裸になりお湯に足を浸けると痺れるように熱い! 嬉しい!温かい温泉だ! OK!
全身をお湯に浸すと体が温まり、なんとも良い気持ちです。
熱く感じたお湯は体が温まると若干ぬるめですが、のんびり長湯するには丁度良い感じです。
「普通の温泉に乾杯!」とパートナーと冷えたビールを楽しみました。

b0082895_12323076.jpg
【PENTAX Optio W20】

夕食は山の幸系和食で可もなく不可もなくですが、前回の宿に比べると抜群に普通!
食後、本を読みながらうたた寝していると狸を見に行ったパートナーが「来た来た!」と知らせに戻ってきます。
慌てて狸見学部屋に行くと狸の姿は見えません。何処かに行ってしまったようです。
そして待つこと数分、窓のすぐ下を毛の長い猫のような動物が横切ります。
「来た来た!」と声を抑えて叫ぶ私。慌てて部屋を飛び出してきたのでカメラを忘れています。
パートナーのコンデジを借りて写真を撮ろうとすると狸に加えて狐らしき動物が出てきて餌場を伺っています。
狐は気が弱いようでなかなか餌にありつけません。
狸と狐に出会えるこの宿はなんて素敵な普通の宿だろう。


b0082895_15323141.jpg
【Nikon D200 + Ai AF Nikkor 35mm F2 D】

翌朝、目が覚めて窓の外に目を向けると昨夜降ったらしい雪がふわふわのマシュマロのように
柔らかい景色を見せています。
空を見上げると青空が雲に透けて見えていて今日は天神平も晴れるような期待に胸が膨らみます。
朝風呂で雪景色を楽しみながら体を温め、普通の朝食に舌鼓を打ち。
青空が出ているうちに天神平へ行こう!と休み間もなく宿を出発しました。
続く....
[PR]
by vehicles | 2008-02-05 12:56 | 温泉
天神平、水上高原への雪見ドライブ  ~ 1日目 2008年2月1日 ~
出発の朝の空は真っ青に晴れ上がっています。
首都高速、関越道を乗り継いで一路、渋川伊香保ICを目指します。
この青空が水上でも見られるようにと祈りながら走り続け、
目的地の水上に入る前にお昼の腹ごしらえに水沢うどんを食べていきます。
水沢うどんのレポートは後日、詳細をアップします。


b0082895_12213488.jpg
【Nikon D200 + Ai AF Nikkor 35mm F2 D】

水上ICに近づくにつれてそれまで広がっていた真っ青な空が、重そうな雪雲に覆われています。
水上ICを出て温泉街を天神平に向かって走ります。幹線道路には全く雪がありません。
その理由は上の写真のように道路には融雪用の散水装置が埋設されているからです。


b0082895_12254031.jpg
【Nikon D200 + Ai AF Nikkor 24mm F2.8 D】

最初の目的地、天神平に向かってクルマを進めますが、谷川岳に近づくにつれて
重く垂れ込めた雲から雪が舞い降りてきます。
ほとんど行き交うクルマもない坂道を上り、天神平ロープウェイ土合口駅に到着。
屋内駐車場にクルマを駐めますが、広々とした駐車場にはほんの数台のクルマが駐まっているだけです。
ロープウェイの改札口に行ってみると、外は横なぐりの雪が吹き付けています。
残念ながら天神平まで登るのは断念。
明日は晴れるさ...と自分を慰めながら水上高原に向けて再出発です。


b0082895_12342979.jpg
【Nikon D200 + Ai AF Nikkor 24mm F2.8 D】

圧雪と凍結が入り交じった下り坂を慎重にクルマを進めます。
途中のスノーシェードの中でクルマを駐め、辺りの雪景色を撮影してみます。
と言うのも吹雪のように吹き付ける雪が車外での撮影を拒んでいたからです。
スノーシェードには大量の雪が乗っているようでその一部が屋根から大きくはみ出していました。


b0082895_12414733.jpg
【Nikon D200 + Ai AF Nikkor 35mm F2 D】

谷川岳を離れ県道63号で洞元湖を目指します。
それまで降っていた雪もやみ、空の雲も少し薄くなったようで空が明るくなってきました。
道路は圧雪で覆われていますが、スタッドレスタイヤがしっかりグリップしてくれるので
40~60kmくらいのスピードで走り続けることが出来ます。
もちろん、急カーブではしっかり減速しますが。


b0082895_12483656.jpg
【Nikon D200 + Ai AF Nikkor 24mm F2.8 D】

本日の宿「洞元荘」に着いたのは午後2時過ぎ、まだ時間もあるので県道63号の先を探検してみることにします。
勇んで再出発したのですが、県道63号は湯ノ小屋温泉の先で早くも通行止め。
すこし気落ちしたのですが、なにやら辺りの雪景色が明るくなっています。
待望の青空が顔を出したようです。


b0082895_12534759.jpg
【Nikon D200 + Ai AF Nikkor 24mm F2.8 D】

この時とばかりに辺りの雪景色を写真に収めるべく車外に飛び出し、シャッターを切りまくります。
前回の奥日光での雪景色撮影では露出がオーバー気味で白飛びした写真を大量生産したので
今回は思い切ってアンダー気味に調整します。
30分余り夢中であちこちの景色を撮影し、我に返った頃には太陽が雲に隠れだしたので
宿に入って温泉に浸かることにしました。
前回の宿ではひどい目に遭ったので、今回はどうなるだろうかと不安を抱きながら
本日の宿「洞元荘」に向かいます。
今回の宿はそれまでの心配が杞憂に終わり、なかなかの宿、お風呂でのんびり過ごすことが出来ました。
詳しくは後日アップします。
続く.....
[PR]
by vehicles | 2008-02-04 13:09 | クルマ
天神平、水上高原から無事に戻りました。

b0082895_18133280.jpg
【Nikon D200 + Ai AF Nikkor 24mm F2.8 D】

無事に雪国から戻ってきました。
初日の谷川岳は吹雪模様でロープウェイで天神平まで登るのを断念。
2日目は午前中だけ時々太陽が顔を出し、谷川岳の山頂が望めました。
また、往路、復路ともに伊香保に立ち寄り、水沢うどんを食べ比べしてきました。
詳細は後日、アップします。
[PR]
by vehicles | 2008-02-02 18:17 | クルマ