バイクやクルマであちこちを走り回り、道の写真、風景写真を撮りまくるおじさんのブログ。撮影機材はD700,GX100。
by vehicles
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
クルマ
バイク
美味しかったお店
広尾近辺のおいしい食事処
温泉
バイクのメンテ・ログ
独り言
ツーリング速報
スナップ写真
モノクロ写真
やきとん「おふくろ」
ゴールデンレトリーバー
山歩き
マクロ写真
おいしいトンカツを求めて
熱帯魚
タグ
(166)
(153)
(85)
(40)
(40)
(35)
(29)
(29)
(26)
(26)
(26)
(24)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(4)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
お山遊び
オートバイとペンタ君
自己満足な毎日(R115...
Toy box 2nd leg
哲学の道
人生山あり谷あり各駅停車...
バイクのある日常 (Bi...
点描2
バイク FJR1300
chacoと綴る散歩日記...
ぼん家の縁側
ツーリング・山・麺
Hiro's Bar
R×R camper's...
yaya、なんとなくな暮らし
GSオレンジ
週末は瀬音を聞きながら
チャーハン・炒飯 美味礼賛
秋田のタカさん旅日記
日々是好日
PZdiary
Macro & Natu...
我孫子の Kuriemo...
自分色のGS
子の日窯日記
遊びとGSの代理人
garage house...
GS漫遊記Ⅱ
エキサイト以外のブログとサイト
以前の記事
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
more...
最新のトラックバック
Canon デジタルカメ..
from お買得情報連絡便り
Nikon デジタル一眼..
from お買得情報連絡便り
PENTAX デジタルカ..
from お買得情報連絡便り
FUJIFILM デジタ..
from お買得情報連絡便り
くちこみブログ集(くるま..
from くちこみブログ集(くるま)(..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
今年の走り納め
from ぼん家の縁側
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
ペンション グリーンカル..
from 黒川温泉宿ホテル予約
黒川温泉
from 黒川温泉
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:初心者女性ライダーの鍛錬 ( 18 ) タグの人気記事
不愉快なパトカーと優しいパトカー ~山もとうどんを食べに小走り 2月17日~
今日は午後から天気が崩れそうなので少しだけ走ろうと
都留の山もとうどんを食べに行ってきました。
10時前に出発し、首都高速、中央道を走ったのですが、
とんでもないパトカーに遭遇しました。

八王子ICを過ぎた辺りでパートナーが前を走り、私との間に車が1台。
その車をパスしようと右ミラーを見るとパトカーが走っています。
ヒヤッとしてしばらくそのまま走るとパトカーが追い越し車線で私を追い抜きます。
私はウインカーを丁寧に出して追い越し車線へ入りパトカーの後ろに入り、
前の車をやり過ごして再度、丁寧にウインカーを出し、左車線に戻ります。
前を走るパートナーに追いつこうとスピードアップ、100kmには達していません。
このとき、パトカーを抜いたのですがその直後、パトカーは私の後ろにピタリと着いて
赤色灯を点滅しています。
スピード違反でもないし、どうしたんだろう??と思っていると、パトカーは
走行車線と追い越し車線をまたぐように走りながら私の右横に迫ります。
そして、
????????パトカーを追い抜いて???
ふざけるんじゃないよ、ばかやろー


とスピーカーを使って怒鳴り、マフラーから黒煙を振りまきながら
フル加速していきます。
一瞬、何が起きたのか理解できませんでしたが、彼は私が追い抜いたことに
怒り、それを注意するのではなく幅寄せして罵声を浴びせ、猛然とダッシュして
逃げ去ったのです。
不愉快です。まったく不愉快です。私が違反をして捕まるなら理解できます。
追い抜いたことを注意するのも理解できます。
しかし、彼は私情に任せて私に幅寄せして罵声を浴びせて逃げたのです。
警察官とは思えません。ちんぴら以外の何者でもありません。

怒りを静めながら相模湖ICで降り、甲州街道を大月ICまでワインデング・ロードを
楽しみ再度中央高速に乗って都留ICで降ります。
朝食を抜いてきたので空腹状態はピークです。
山もとうどんの手前の十字路で悲劇は起きたのです。
b0082895_5324379.jpg

十字路を先に左折した私はミラーを気にしながら進んでいました。
しかし、いつまで経ってもパートナーはミラーに映りません。
バイクを左に停車して待ちますが現れません。
インカムでの応答もありません。
不安が一気に高まり、Uターンして先ほどの十字路に戻るとパトカーが見えます。
パートナーのバイクを押す警察官、その横にパートナーが立っています。
警察官曰く、左折しようとしてふらつき、倒れたそうです。
なぜ、警察官とパトカーが???
これは十字路の一時停止違反を見張って、物陰に潜んでいたらしいのですが
目の前でバイクが転けたのですっ飛んできたそうです。
このパトカーの警察官は物静かで丁寧でとても優しく話してくれます。
パートナーのバイクを押して道幅の広いところまで移動させてもくれます。
おまけに私のバイクまで押してくれます。
先ほどであったちんぴら警察官とは雲泥の違いです。

バイクの被害は左ウインカー破損、クラッチレバー変形だけで済みました。
なんどもお礼を述べその場を出発して、なんとか山もとうどんに到着。
パートナーはナーバスな状態で少し心配です。
肉つけうどんはいつも通り、男性的な食感で美味しく頂きました。
b0082895_5431443.jpg

食後、山もとうどんの駐車場で一服した後、中央道を一気に走り、帰宅しました。
本日の走行距離:204km
[PR]
by vehicles | 2007-02-18 05:51 | バイク
初乗りは小雪、雨、霧の大波乱 ~箱根周辺 1月20日~
b0082895_13492656.jpg待望の初乗りに出かけましたが、天候は朝から暗い曇天です。
目的地は箱根芦ノ湖、東名高速に入り横浜を過ぎた辺りで前方に白っぽい綿のようなモノが見えます。トラックがゴミをばらまきながら走っているのかと思っていると、なんと雪。
気温は5℃くらいでしたが寒さはあまり感じません。
小田原厚木道路を走る頃には雪が小雨に変わりました。

b0082895_13534087.jpg引き返すか進むか躊躇したのですが、待ちに待った初乗りなのでそのまま芦ノ湖を目指します。
国道1号線のタイトコーナーを登る際は湿った道路に気を遣います。
やっとの思いで芦ノ湖に着くと土曜日というのに観光客はまばら。
おみやげ屋さんの店員さんは「最近は日本人より東南アジアの団体客が多のさ..」と意味深な顔をしていました。

b0082895_13573833.jpg昼食は事前にサイトで調べた手作り餃子の店「チャイナハウス」。
ここは餃子の皮を手作りしているそうです。お味はニンニクの風味が強めでなかなかいけます。シソをはじめとする様々な具材を練り込んだ餃子が沢山用意されていました。
食後、レインウェアを着込んで乙女峠を目指します。
乙女峠に差し掛かると前のクルマがかすむほどの霧。
慎重に峠を下って東名に乗り、帰宅したのは4時頃でした。
初乗りは好天に恵まれませんでしたが、久しぶりに乗る事が出来た
バイクを楽しむ事が出来ました。
心配していた腰の調子もまったく痛まず、今後のツーリング計画に
弾みを付けました。
本日の走行距離:222km
[PR]
by vehicles | 2007-01-22 14:06 | バイク
パートナーに降りかかった災難 ~西伊豆スカイライン 12月16日~
b0082895_1233495.jpg16日は2週間ぶりに日帰りツーリングで西伊豆スカイラインを走ってきました。
ツーレポは後ほど上げますが、パートナーに信じられない悲劇が襲いかかりました。
西伊豆スカイラインを気持ちよく走り、富士山が見える笹原駐車場で撮影をしていた時にそれは起きたのです。
時折、強い風が吹いていたのですが、その強風で停車していたパートナーのバイクが倒れたのです。

b0082895_1239022.jpgパートナーの断末魔の叫び声で振り返ると「ガチャン」という音と共にバイクが横倒しになっています。
不幸中の幸いか倒れたところは草むらだったので大きな傷にはなっていませんが、カウリングに2ヶ所傷が付いてしまいました。
免許を取って以来、今まで立ちゴケもせずにがんばってその美観を保ってきた愛車が強風で横倒しになるなんて信じられませんでした。
傷はライダーの勲章だよ...と慰めましたが、
パートナーは涙目で頷いていました。
[PR]
by vehicles | 2006-12-18 12:44 | バイク
芦ノ湖、箱根スカイライン ~万葉うどんを目指して 10月28日~
今回は足柄街道沿いあるうどん屋さん「万葉うどん」に行ってみよと出かけました。
前日は遅くまで仕事が終わらなかったため、寝坊をしてしまい7時出発予定が9時の
出発になってしまいました。
首都高速から東名に向かうと道路上の掲示板に東京インター手前で火災発生を告げています。
しばらく走ると進行方向に黒煙が立ち上っています。渋滞するクルマの横をすり抜けていくと、
ワゴン車が側道で炎を吹き上げて燃えています。
消防車が来ていないところを見ると出火して間もなかったようです。
ドライバーと思しき人が少し離れたところで携帯電話をかけていたので、
人的被害は無かったようです。
※写真はクリックで拡大します。

b0082895_14295455.jpg火災現場を過ぎると高速の流れはスムーズで小田原厚木道路を経由して小田原に到着。
ターンパイクで大観山を目指します。
パートナーは練習走行でターンパイクを何度か走っていますが、今回は遅い車を追い越して、高速コーナーを80kmで駆け抜けた?とうれしそうに話していました。
大観山を経て、芦ノ湖スカイラインに入ります。
この辺りも紅葉ラッシュとは無縁のようで交通量は少なく、高原の爽やかな風を感じながらの走りが楽しめました。

b0082895_14493134.jpg箱根スカイラインに入る手前で、良さそうな撮影ポイントを見つけバイクを道路脇に止めた直後にハプニングは起こりました。
若干の下り坂(つま先上がり、左足下がり)だったので停車後、ハンドルを山側に切って止めたのですが、バイクを離れた直後...
スタンドが外れ、バイクが倒れ込みながら前に動き出します。
咄嗟にハンドルを支えたのですが、バイクはゆっくりと倒れ込みます。

b0082895_15067.jpg霧降高原での悪夢が再来するかと必死で前に進むバイクを支えます。
あきらめるな!っと自分を叱咤して45度くらいまで傾いたバイクをなんとか立て直し、サイドスタンドで停車できた時は「奇跡だ!!」とパートナーと共に叫んでいました。
右の写真はその現場です。
箱根スカイラインの料金所から御殿場までの細く曲がりくねった道に、パートナーは若干難儀したようですが、無事に御殿場市街に到着できました。

b0082895_1553652.jpg御殿場から足柄街道を登り、万葉うどんを目指します。
この道がまた恐ろしい道でした。
細く荒れた路面に加え、急勾配の急カーブが続きます。
またまた、オフロード車向けコースに踏み込んでしまったのでした。
奥歯を噛みしめて、必死の思いで万葉うどんにたどり着いた時は、あまり味わいたくない達成感にしばし我を忘れます。
到着時刻は午後1時を過ぎていたせいか、店内には数組の客がいるだけです。

b0082895_15265856.jpg私はざるうどん、パートナーは湯うどんをお願いしました。
他の方のブログで予想はしていたのですが、柔らかめのうどん、甘めの出汁は私達にはあまり合わなかったようです。
店を出た後、パートナーの視線は「あんな苦労をさせて連れてきたのに...」と私を突き刺しているように感じられました。

b0082895_15534947.gif店から大井松田ICへの道は山間を走る普通の道で「よかった..」と誰に向けたかわからない感謝を唱えながら一路東京に向かいました。

今回は走行距離が短かったせいかナビの軌跡ログが全て残りました。
このナビは2,000ポイントの軌跡点が残せますが、今回の走行では98%を使ったようです。

本日の走行距離:242km
[PR]
by vehicles | 2006-10-31 15:26 | バイク
富士山一周ツーリング ~ナビ頼りで安心ツーリング 10月21日~
b0082895_103584.jpg今日はナビを取り付けての初めての日帰りツーリングに出かけます。
前日にPCでルートを作成し、ナビに転送しておいたのですが、このルート作成が結構楽しいのです。気分は半分ツーリングって感じです。
交通量の少ない東名高速で裾野ICまで走り、ここからは下道で霧降高原を目指すのでナビの活躍に期待大です。
普段なら走らないだろう道をナビは指し示すので若干の不安を抱きながら、その指示に従って走ると急に現れたのがスノータウン「イエティ」。
スノーマシンでゲレンデを作ったスキー場のようです。
シーズンインが待ちきれないスキーやスノボーを抱えた人が大挙して押しかけているようです。
※写真はクリックで拡大します。

b0082895_10482869.jpg空は青空が見えているのですが、富士山周辺には雲がかかっており、その姿は望めません。
富士山スカイラインは貸し切りと言っていいほど空いています。きっと観光客は紅葉エリアに向かったのでしょう。
杉林や道路に覆い被さる広葉樹のアーチを駆け抜けるのはとても気持ちよく、ついついスピードが上がってします。バックミラーを見るとパートナーもしっかりついてきます。走るほどにバイクへの慣れが進んでいるようです。

b0082895_10573092.jpg途中、白糸の滝を見学しようとバイクを降りて徒歩で滝に向かいます。
滝までの道の両脇にはどこも変わらないおみやげ屋さんの店が連なり、気持ちはあまり盛り上がりません。
おまけに日差しが強く気温も上がっているようで3シーズン用ウェアを着込んでいる我々は、汗だくでの見学でした。

b0082895_115188.jpg白糸の滝から「富士パノラマライン」に進み、左右に牧場が広がる高原道路にでると、ツーリングのバイク達に度々出会います。
彼らもきっと紅葉見物で渋滞するだろうエリアを避けてこの辺りを選んだ走り指向ライダーさんなのでしょう。
富士山が見えると最高なのでしょうが、こんないい天気に恵まれた事だけでもよしとしようと自分を慰めつつ、爽やかな富士パノラマラインを堪能しました。

b0082895_11205556.jpg精進湖を過ぎて西湖湖畔を走る「湖北ビューライン」に進みます。
静かな湖畔に沿った道はパートナーにとっても適度なコーナーが続く、とても楽しい道です。
人気がない湖は隣の河口湖に比べしっとりとした雰囲気が辺りを包み込んでいました。
河口湖を過ぎた辺りでお昼時になったので、昼食は以前訪れた「山もとうどん」を食べに行こうと都留市に向かいます。
渋滞が連なる国道139号を走り、やっと到着したのは1時50分ころ。店内に入りイスに腰を下ろすと店員さんが暖簾を下げています。
営業時間は午後2時までとのことで滑り込みで間に合ったようです。
こしが強い男性的な独特のうどんを楽しんだ後、高速で東京に向かったのですが、
相模湖-八王子間が事故で通行止め。
なんとかなるだろうと進んだのですが、何ともならず、帰宅したのは7時を過ぎていました。
本日の走行距離:340km

■ガーミンStreetPilot2610の使用レポート
・マップの視認性はかなり良い。炎天下でも見えないという事はない
・リルート検索も早く、ストレスを覚える事はない
・現在位置を把握でき安心感は絶大で、100%景色や走りを楽しめる
・タッチパネル操作も容易で操作性も満足できるレベル
・GPSによる現在位置計測も満足できるレベル

★今後の改善要望
・目的地検索では住所、電話番号が使えないのでこれはかなり不便
・軌跡ログの容量が少なく、ほとんど活用できない

★今後のチェック
・雨などの対策がきちんとなされているか
・振動対策がきちんとなされているか

現在の総括
 バイク・ツーリングにおいては満足できるレベルです。
 液晶の表示エリアはクルマ用と比較すると小さく、解像度も低いのですが
 道案内においては問題ありません。
[PR]
by vehicles | 2006-10-23 12:03 | バイク
初めての1泊ペアツーリング2日目 ~日光、那須、ロマンチック街道 10月9日~
b0082895_1818569.jpg2日目の朝も青空が爽やかな良い天気に恵まれました。
早々に朝食を済ませ、8:30には宿を後にします。
今日の予定は日塩もみじラインで日光に戻り、いろは坂が混んでいなければ、中禅寺湖に登り、ロマンチック街道経由で沼田に出る予定です。
宿を出て県道30号(矢板・那須線)を走り出すと塩原方面の山々が那珂川にかかる白沢橋越しにきれいに望めました。※写真はクリックで拡大します。

b0082895_18192079.jpg昨日も走った日塩もみじラインは午前中の早い時間のせいかクルマやバイクも少なく、パートナーは練習速度である時速60kmでゆるやかなコーナーを上手にクリアしていきます。
見晴らしの良い直線を走っていると黒い犬のような生き物が2匹、前方を横切りました。しかし、犬にしては前足が長いので野生の猿かと思いながら横切った辺りで減速すると道路の脇に親子と思われる野生の猿がこちらを見ながら手を振っています。
本当に手を振っていたのです。
パートナーに話しても手を振っていた事に対しては「ほんとー??」の一言で片付けられました。写真はもみじラインの下りで一休み、ハーレーグループが爆音と共に通り過ぎて行きました。

b0082895_18201749.jpgいろは坂の登り口に差し掛かると交通量はかなり少なそうです。
しめたっといろは坂をひらりふらりと登っていくと明智平辺りからほとんど停止状態の渋滞です。
気温はどんどん上がり、3シーズンウェアの下は汗が流れ落ちます。
この渋滞をなんとか走りきり、中禅寺湖畔に出ると止まってはいないものの、大渋滞です。
写真の戦場ヶ原辺りでやっとクルマも流れだし、景色に目をやるとまっ青な空に山々の緑がとても綺麗でした。数週間後、この景色はきれいな紅葉に衣替えをしているのでしょう。

b0082895_18205583.jpg金精峠を超えた辺りでお昼時になったので、菅沼のサービスエリアで昼食です。
山菜うどんと湯葉コロッケを楽しみながら金精山を見上げるとほんの僅かですが紅葉している部分が見られます。
ほとんど気のせいに近いくらいの僅かです。
のんびり山道を下り、片品村からの渋滞にもめげず走り、関越道に入ったのは2時過ぎです。
関越では事故渋滞に翻弄されながら、パートナーは昨日会得したすり抜けを続け練馬ICを出たのは5時を過ぎていました。
連休のツーリングなので渋滞は覚悟していましたが、ストレスが溜まるモノです。
気ままな自営業の我々はやはり平日走りがよいなどとトランシーバー越しに話しながら広尾に着きました。
本日の走行距離:335km
[PR]
by vehicles | 2006-10-17 12:41 | バイク
初めての1泊ペアツーリング初日 ~日光、那須、ロマンチック街道 10月8日~
はじめての一泊ペアツーリングに出かけてきました。
今日のコースはお気に入りの「わたらせ渓谷」沿いを走り、「霧降高原」、「日塩もみじライン」を経由して那須湯本に向かいます。
7時に出発したのですが、途中の東北道で渋滞に巻き込まれ佐野藤岡ICを降りたのは11時頃になっていました。
※写真はクリックで拡大します。

b0082895_18313557.jpg空いている国道50号を車の流れに沿って走り、国道122号からわたらせ渓谷に進みます。
かなりバイクに慣れてきたパートナーは車の流れに遅れる事もなく順調に走っています。
今回は夏用のウェアから3シーズン用ウェアに衣替えして出かけましたが、東京周辺で感じた暑さは郊外に出ると丁度良い、快適な状態です。

b0082895_18322092.jpgゆるやかなカーブが続くわたらせ渓谷沿いの道を楽しみ、霧降高原を登り出すと頭上は青空ですが、小雨が落ちてきます。
ご愛敬程度の雨なので気にせず登ると途中で休んだ休憩所からきれいな虹がまだ色濃い緑の森に浮かんでいるのが見え、ちょっとした感動を覚えました。(写真上)
前回来た時には濃い霧で辺りの景色は全く見えなかったのですが、今回は青空が見える霧降高原です。
前回、霧の中で霧の写真を写真を撮った場所を見つけたのですが、そこは驚く事に橋の上でした。霧に包まれた橋の上で写真を撮っていたようです。

b0082895_18324812.jpg霧降高下源のワインディング・ロードは走っているクルマがパートナーにとっては良いペースメーカーになり、他のバイクにあおられる事もなく、楽しく走り抜けました。
大笹牧場で昼食と考えていたのですが、あまりの大混雑状態なのでこれを諦め、日塩もみじライン向かう途中にある蕎麦屋さんに向かいました。
しかし、到着した蕎麦屋さんでは我々の前の組で品切れとなり、またまた昼食にありつけず。
思い切って、日塩もみじラインの茶店まで走る事にして、蕎麦屋さんを後にします。
日塩もみじラインはパートナーにとって丁度良いコーナーが連続した良い道で、パートナーも上手くコーナーをクリアしていきます。
コーナーで遅れても直線での加速でその差を取り戻し、大きく離れる事は無くなりました。
納車から2ヶ月で随分上達したものだと感心しながら那須湯本を目指します。
塩原、那須湯本手前で渋滞に巻き込まれましたが、パートナーは果敢なすり抜けを敢行して夕方5時には宿に到着できました。

本日の走行距離:301km
[PR]
by vehicles | 2006-10-13 16:18 | バイク
葡萄狩りが真っ盛りの勝沼へ ~大菩薩峠、葡萄の丘 9月30日~
b0082895_17573949.jpg朝起きると天気も上々なので眠そうなパートナーを起こして7時には出発していました。
本日のコースは練習コースとして通っている奥多摩周遊道路を経由して大菩薩峠を登り、勝沼まで足を伸ばし、甲州街道で下ってくる予定です。
途中で朝食をとる予定が、店に入るタイミングを逸して檜原村のコンビニでサンドイッチと缶コーヒーでお腹を満たし、颯爽と周遊道路に向かいます。
コーナリングにも慣れが進んだパートナーは以前ほどふらふらせずに登りコーナーをクリアしています。
月夜見第一駐車場で一休み。
革のつなぎで極めたライダーやのんびりツーリング派、タンデム・ツアラー達が思い思いのライン取りで周遊道路を楽しんでいました。

b0082895_1861754.jpg安全運転で大菩薩峠を超え、塩山に入った頃には昼近くなっていました。
昼食を勝沼の葡萄の丘にあるレストランで取ろうと登っていくと、駐車場は葡萄狩りの流れと思われる観光客でごった返しています。
バイクは待つ事もなく駐車できたのですが、レストランは大混雑。
順番待ちをする気になれなかったので、コスモス越しに葡萄の丘からの景色を楽しんだ後、丘を下り20号に向かいます。

b0082895_18115663.jpg道の駅「甲斐大和」で簡単な昼食を取り、20号を相模湖に向けて走ります。
20号はビックリするほど空いており、一人で走ると制限速度で走るクルマに追いついていらいらするところですが、今回はパートナーの練習なので制限速度で走るクルマの後を車間距離を取って走りました。
前にクルマがいるとゆっくり走っても後ろに気を遣わなくて済むので安心です。
夕方前に無事帰宅。
パートナーは少し疲れたようでしたが毎度の反省会会場「おふくろ」に出かけると、コーナリングが上達した事を嬉々として語っていました。
本日の走行距離:280km
[PR]
by vehicles | 2006-09-30 17:55 | バイク
久しぶりに青空の下を走る ~箱根ターンパイク 9月24日~
b0082895_818315.jpg昨日、奥多摩周遊道路でコーナリングに覚醒したパートナーのその感覚を確かめようと早朝から箱根ターンパイクに出かけました。
途中で休憩した海老名SAには朝早くから出かけてきたと思われるラーダー達が多数いて、マス・ツーリングの待ち合わせらしく、次々と現れるライダーの到着に手を振ったりしながら和気あいあいの雰囲気です。
ブログでお付き合いのあるTEBさんグループもいたようで後でこれを知りました。

b0082895_8253474.jpgターンパイクは何度も訪れていますが、こんなに青空が広がった爽やかな日に走るのは本当に久しぶりです。
大観山手前の展望駐車場には朝食を持参してのんびり楽しんでいる中年カップルが2組いました。当たりにはススキが満開(?)で秋の気配が濃厚です。
ターンパイクを2往復してパートナーのコーナリング練習を行ったのですが、昨日会得したコーナリング・フォームはきちんと出来ており、なんとも嬉しくなります。

b0082895_831257.jpg前回の練習では30~40km程度の速度でしか走れなかったコーナーを60km以上の速度でクリアしていきます。
大観山で一休みして帰ったのですが、芦ノ湖、富士山がきれいに姿を現しています。
本当に久しぶりの快晴でした。
東京に戻りパートナーのCB400SBの1,000km点検を受けて昼には帰宅していました。
本日の走行距離:210km
[PR]
by vehicles | 2006-09-24 12:35 | バイク
バイクへの慣れが着実に進歩 ~奥多摩集湯道路 9月23日~
b0082895_12505455.jpg今日の練習走行は檜原街道沿いにある「車茶屋」での昼食を目的に奥多摩周遊道路に出かけました。
連休の初日とあって道路は若干ながら渋滞気味でしたが、12時過ぎに目的の「車茶屋」に到着。
私は舞茸釜飯、パートナーは栗釜飯を頂きました。
炊きあがった釜飯は薄味でご飯も軟らかめ。私は柔らかめのご飯が好きなのでとても美味しく頂きました。
食事を終え一休みした後に、本日の練習コース「奥多摩周遊道路」に向かいます。

b0082895_1305316.jpg今日の練習走行では、「先導する私との距離を一定に保つ」をテーマに掲げました。
パートナーは直線的走行にはかなり慣れてきたのですが、コーナーに差し掛かると極端に速度を落としてしまいます。
バイクを対しこむ事に対する恐怖心がまだ強いようです。乗り始めてから1ヶ月も経っていないので致し方ないことです。
これを少しずつでも解消するために絶対に曲がりきれる速度で走るから距離を一定に保って付いてきなさいと指示を出しました。
直線は60km未満、コーナーは40km未満を約束してスタートです。
最初は今までと同様にコーナーで離れてしまうので、トランシーバーで叱咤すると徐々に一定間隔が保てるようになってきます。
ミラーに写るライディング・フォームも倒し込みによるコーナリングに近づいています。
奥多摩周遊道路の奥多摩側料金所の先で一休みした際に、パートナーは「少しコーナリングがわかってきたような気がする」と今までの練習走行では見せなかった笑顔で言いました。

戻り道の課題はコーナー出口での加速とコーナー手前での減速にメリハリを付けて走ってみよう!です。
早速走り出しコーナー出口で60kmまで一気に加速し、ミラーを見るとちゃんと付いてきます。パートナーのCB400SBのマルチらしいエキゾーストノートも聞こえます。
がんばってアクセルを開けているなっと嬉しくなってきます。
戻りの周遊道路はパートナーが苦手の下りがほとんどですが、40kmなら絶対に曲がりきれると言う言葉を信じたパートナーはスムースにコーナーをクリアしながら付いてきます。
前回までの直立コーナリングとは別人のように変身したパートナーは少しながら余裕もでき、ライディングの楽しさが解りかけてきたように思えました。
本日の走行距離:210km
[PR]
by vehicles | 2006-09-23 12:48 | バイク