バイクやクルマであちこちを走り回り、道の写真、風景写真を撮りまくるおじさんのブログ。撮影機材はD700,GX100。
by vehicles
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
クルマ
バイク
美味しかったお店
広尾近辺のおいしい食事処
温泉
バイクのメンテ・ログ
独り言
ツーリング速報
スナップ写真
モノクロ写真
やきとん「おふくろ」
ゴールデンレトリーバー
山歩き
マクロ写真
おいしいトンカツを求めて
熱帯魚
タグ
(166)
(153)
(85)
(40)
(40)
(35)
(29)
(29)
(26)
(26)
(26)
(24)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(4)
(2)
(1)
お気に入りブログ
お山遊び
オートバイとペンタ君
自己満足な毎日(R115...
Toy box 2nd leg
哲学の道
人生山あり谷あり各駅停車...
バイクのある日常 (Bi...
点描2
バイク FJR1300
chacoと綴る散歩日記...
ぼん家の縁側
ツーリング・山・麺
Hiro's Bar
R×R camper's...
yaya、なんとなくな暮らし
GSオレンジ
週末は瀬音を聞きながら
チャーハン・炒飯 美味礼賛
秋田のタカさん旅日記
日々是好日
PZdiary
Macro & Natu...
我孫子の Kuriemo...
自分色のGS
子の日窯日記
遊びとGSの代理人
garage house...
GS漫遊記Ⅱ
エキサイト以外のブログとサイト
以前の記事
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
more...
最新のトラックバック
Canon デジタルカメ..
from お買得情報連絡便り
Nikon デジタル一眼..
from お買得情報連絡便り
PENTAX デジタルカ..
from お買得情報連絡便り
FUJIFILM デジタ..
from お買得情報連絡便り
くちこみブログ集(くるま..
from くちこみブログ集(くるま)(..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
今年の走り納め
from ぼん家の縁側
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
ペンション グリーンカル..
from 黒川温泉宿ホテル予約
黒川温泉
from 黒川温泉
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
中尊寺の紅葉が見てみたい
b0082895_11303764.jpg
先日訪れた中尊寺の境内には形の良いカエデの木が沢山あった。
きっと紅葉に時期には素晴らしい景色を見せてくれるのだろう。

b0082895_11324581.jpg
神社や寺院で撮影した写真はついついモノクロで見たくなる。
これって私だけだろうか??
[PR]
by vehicles | 2010-10-28 11:33 | モノクロ写真
両親と松島、蔵王、秋保ドライブ
b0082895_1634347.jpg
21日の早朝、寝台列車で東室蘭から仙台に駆けつけた両親と合流。
息子のクルマを借りて中尊寺を見学して松島に向かいます。
写真は西行戻しの松公園。
曇天+靄で少し残念でした。

b0082895_16374353.jpg
この日の宿は「松島一の坊」、部屋からは広大な庭園と松島湾が見渡せる。
接客応対、食事、温泉のいずれも素晴らしい宿でした。

b0082895_1640534.jpg
翌22日は蔵王の紅葉見物、エコーラインを駆け上がり「滝見台」で一休み。
ほんの僅かですが色づいています。
滝見台を後にしてエコーラインを登ると進行方向が濃い霧で塞がれます。
無理は禁物と蔵王見物を断念して秋保大滝に向かいます。

b0082895_16432100.jpg
秋保大滝見物の前に昼食。
息子から紹介されたそば屋さん「たまき庵」です。
実は息子の舌を過小評価していたのでさほど期待していなかったのですが、それは素晴らしく美味しいお蕎麦。
写真は田舎蕎麦、太めの十割蕎麦は歯応えもダイナミックで薫り高く美味しい。
辛めの蕎麦つゆが蕎麦の美味しさを引き立てています。
私はこの田舎蕎麦以外にざるそば、そばがきを完食。
本当に美味しいお蕎麦でした。
>たまき庵はこちら

b0082895_16461716.jpg
滝見物を早々に済ませて3時には今日の宿「ホテル佐勘」に入ります。
この宿も食事、温泉はなかなか素晴らしく大型施設が好きな両親は大喜びです。
写真はここ佐勘に伝わる家宝の聖火、なんと400年もの間耐えることなく燃やし続けているそうです。

翌日は天童まで紅葉見物に足を伸ばす予定でしたが、まだ紅葉していないらしいのでこれを中止。
古川に住む従兄弟、甥っ子と会ってのんびり時間を過ごします。

この日の夜の寝台列車で両親は東室蘭に帰っていきました。
久しぶりに両親と過ごした時間は楽しく、満面の笑みを浮かべた母親の顔が瞼に残っています。
[PR]
by vehicles | 2010-10-25 16:53 | スナップ写真
紅葉見物+親孝行=仙台小旅行
b0082895_12224770.jpg
今夜、仙台に移動して明日から2泊3日で松島、蔵王周辺を回ってきます。
東室蘭に住む両親が松島を見たいと言うのでこれに付き合うことにしました。
仙台には長男が転勤で住んでいますので久しぶりに話が出来そうです。

私的には蔵王、鳴子渓谷の紅葉が楽しみです。
[PR]
by vehicles | 2010-10-20 12:29 | モノクロ写真
5ヶ月ぶりの登山 ~2010年10月16日 大岳山~
b0082895_1114474.jpg
先週の土曜日、5ヶ月ぶりに山歩きをしてきました。
行ったのは奥多摩の名山?大岳山。
御岳登山鉄道の滝本駅は大勢の登山客でごった返しています。
臨時列車が増設されていますが、ご覧のように登山客が並んでいました。

b0082895_11172316.jpg
ケーブルカーで御岳山駅まで一気に登り、武蔵御嶽神社を横目に見ながらなだらかな山道を登ります。
しばらく歩くと傾斜が増し急で長い山道をひーひー言いながら登ります。
途中には鎖場もあり私的には結構がんばって登ったのです。

b0082895_1122621.jpg
歩き始めてから2.5時間ほどで山頂に到着。
途中の岩場や急な山道で心が挫けそうになりましたが、なんとかがんばり通せました。

b0082895_1124135.jpg
ガイド本によると山頂からは富士山が見えることがあるらしいのですが、この日は奥多摩市街地が見える程度でした。

b0082895_1125219.jpg
写真を撮っていると元気なお嬢さんが見晴らしの景色を撮ろうと
柱標によじ登って一心不乱にシャッターを切っています。

山頂で昼食を取り、1時間ほどのんびりした後に下山。
今回、大きな発見がありました。
登山用のストックをいつも用意していたのですが、ザックにくくりつけたままで使っていませんでした。
今回試しに使ってみたのですが、驚くほど楽に登れます、下りも岩場などではバランスが取りやすい。
これからはストックをもっと活用しよう!!
[PR]
by vehicles | 2010-10-18 11:34 | 山歩き
ワインは好きなのだけれども葡萄は.....
b0082895_1546726.jpg
先週末、塩山方面に遠出した際に通過した勝沼では葡萄狩りが最盛期を迎えていた。
撓わに実った葡萄はなんとも美味しそう....
しかし、私は葡萄があまり好きではない、ワインは大好きなのだけれども、実は好きではない。
皮を剥いたり、種を出すのが煩わしくめんどくさい。

話は変わりますが、
来年の春は今年の5~10倍の花粉が舞うそうです。
恐ろしい....気が滅入る.....
[PR]
by vehicles | 2010-10-06 15:51 | スナップ写真
久しぶりに信玄の隠し湯でのんびり温泉遊び
b0082895_121767.jpg
やっと気温も湿度も下がり外出する意欲が湧いてくる季節が到来。
なので以前は毎月何度も通っていた温泉、塩山の山県館にクルマで行ってきました。
中央高速を勝沼ICで降り、フルーツライン経由で向かうことにします。
フルーツライン沿いには秋桜が咲いており、待ちわびた秋の到来を実感させてくれます。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_125128.jpg
葡萄や桃の果樹園が並ぶフルーツラインを離れ、山梨県道213号下萩原三日市場線に入ります。
すっきりと澄んだ空気は辺りの景色を素晴らしいコントラストで美しく見せてくれます。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_128955.jpg
山梨県道213号下萩原三日市場線が雁坂みちと合流する手前、笛吹川を挟んで反対側の丘陵に
人家が点在しており長閑な田舎の風景が心を和ませてくれます。
>撮影ポイントはこちら

b0082895_12155258.jpg
お昼過ぎに目的の温泉、山県館に到着。
ここの露天風呂は信玄の隠し湯とのことで源泉掛け流しの素晴らしい混浴露天風呂です。
木造の渡り廊下、階段を下って露天風呂まで降ります。
>山県館はこちら

b0082895_12182589.jpg
1年ぶりくらいに入る山県館の露天風呂は若干ぬるめで今の季節には最適な湯加減でした。
昨今の混浴ブームで混み合っているかと心配したのですが、ここはバスタオルの使用不可なので
ブームの洗礼を免れているようです。
お湯が流れ込む音だけが静寂の中に響く露天風呂はまさに癒しの空間。
我々は持ち込んだ本を読みながら1時間あまりをお湯に浸かってすごしました。
[PR]
by vehicles | 2010-10-04 12:25 | クルマ