バイクやクルマであちこちを走り回り、道の写真、風景写真を撮りまくるおじさんのブログ。撮影機材はD700,GX100。
by vehicles
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
クルマ
バイク
美味しかったお店
広尾近辺のおいしい食事処
温泉
バイクのメンテ・ログ
独り言
ツーリング速報
スナップ写真
モノクロ写真
やきとん「おふくろ」
ゴールデンレトリーバー
山歩き
マクロ写真
おいしいトンカツを求めて
熱帯魚
タグ
(166)
(153)
(85)
(40)
(40)
(35)
(29)
(29)
(26)
(26)
(26)
(24)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(4)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
お山遊び
オートバイとペンタ君
自己満足な毎日(R115...
Toy box 2nd leg
哲学の道
人生山あり谷あり各駅停車...
バイクのある日常 (Bi...
点描2
バイク FJR1300
chacoと綴る散歩日記...
ぼん家の縁側
ツーリング・山・麺
Hiro's Bar
R×R camper's...
yaya、なんとなくな暮らし
GSオレンジ
週末は瀬音を聞きながら
チャーハン・炒飯 美味礼賛
秋田のタカさん旅日記
日々是好日
PZdiary
Macro & Natu...
我孫子の Kuriemo...
自分色のGS
子の日窯日記
遊びとGSの代理人
garage house...
GS漫遊記Ⅱ
エキサイト以外のブログとサイト
以前の記事
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
more...
最新のトラックバック
Canon デジタルカメ..
from お買得情報連絡便り
Nikon デジタル一眼..
from お買得情報連絡便り
PENTAX デジタルカ..
from お買得情報連絡便り
FUJIFILM デジタ..
from お買得情報連絡便り
くちこみブログ集(くるま..
from くちこみブログ集(くるま)(..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
今年の走り納め
from ぼん家の縁側
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
ペンション グリーンカル..
from 黒川温泉宿ホテル予約
黒川温泉
from 黒川温泉
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
芦ノ湖、箱根スカイライン ~万葉うどんを目指して 10月28日~
今回は足柄街道沿いあるうどん屋さん「万葉うどん」に行ってみよと出かけました。
前日は遅くまで仕事が終わらなかったため、寝坊をしてしまい7時出発予定が9時の
出発になってしまいました。
首都高速から東名に向かうと道路上の掲示板に東京インター手前で火災発生を告げています。
しばらく走ると進行方向に黒煙が立ち上っています。渋滞するクルマの横をすり抜けていくと、
ワゴン車が側道で炎を吹き上げて燃えています。
消防車が来ていないところを見ると出火して間もなかったようです。
ドライバーと思しき人が少し離れたところで携帯電話をかけていたので、
人的被害は無かったようです。
※写真はクリックで拡大します。

b0082895_14295455.jpg火災現場を過ぎると高速の流れはスムーズで小田原厚木道路を経由して小田原に到着。
ターンパイクで大観山を目指します。
パートナーは練習走行でターンパイクを何度か走っていますが、今回は遅い車を追い越して、高速コーナーを80kmで駆け抜けた?とうれしそうに話していました。
大観山を経て、芦ノ湖スカイラインに入ります。
この辺りも紅葉ラッシュとは無縁のようで交通量は少なく、高原の爽やかな風を感じながらの走りが楽しめました。

b0082895_14493134.jpg箱根スカイラインに入る手前で、良さそうな撮影ポイントを見つけバイクを道路脇に止めた直後にハプニングは起こりました。
若干の下り坂(つま先上がり、左足下がり)だったので停車後、ハンドルを山側に切って止めたのですが、バイクを離れた直後...
スタンドが外れ、バイクが倒れ込みながら前に動き出します。
咄嗟にハンドルを支えたのですが、バイクはゆっくりと倒れ込みます。

b0082895_15067.jpg霧降高原での悪夢が再来するかと必死で前に進むバイクを支えます。
あきらめるな!っと自分を叱咤して45度くらいまで傾いたバイクをなんとか立て直し、サイドスタンドで停車できた時は「奇跡だ!!」とパートナーと共に叫んでいました。
右の写真はその現場です。
箱根スカイラインの料金所から御殿場までの細く曲がりくねった道に、パートナーは若干難儀したようですが、無事に御殿場市街に到着できました。

b0082895_1553652.jpg御殿場から足柄街道を登り、万葉うどんを目指します。
この道がまた恐ろしい道でした。
細く荒れた路面に加え、急勾配の急カーブが続きます。
またまた、オフロード車向けコースに踏み込んでしまったのでした。
奥歯を噛みしめて、必死の思いで万葉うどんにたどり着いた時は、あまり味わいたくない達成感にしばし我を忘れます。
到着時刻は午後1時を過ぎていたせいか、店内には数組の客がいるだけです。

b0082895_15265856.jpg私はざるうどん、パートナーは湯うどんをお願いしました。
他の方のブログで予想はしていたのですが、柔らかめのうどん、甘めの出汁は私達にはあまり合わなかったようです。
店を出た後、パートナーの視線は「あんな苦労をさせて連れてきたのに...」と私を突き刺しているように感じられました。

b0082895_15534947.gif店から大井松田ICへの道は山間を走る普通の道で「よかった..」と誰に向けたかわからない感謝を唱えながら一路東京に向かいました。

今回は走行距離が短かったせいかナビの軌跡ログが全て残りました。
このナビは2,000ポイントの軌跡点が残せますが、今回の走行では98%を使ったようです。

本日の走行距離:242km
[PR]
by vehicles | 2006-10-31 15:26 | バイク
富士山一周ツーリング ~ナビ頼りで安心ツーリング 10月21日~
b0082895_103584.jpg今日はナビを取り付けての初めての日帰りツーリングに出かけます。
前日にPCでルートを作成し、ナビに転送しておいたのですが、このルート作成が結構楽しいのです。気分は半分ツーリングって感じです。
交通量の少ない東名高速で裾野ICまで走り、ここからは下道で霧降高原を目指すのでナビの活躍に期待大です。
普段なら走らないだろう道をナビは指し示すので若干の不安を抱きながら、その指示に従って走ると急に現れたのがスノータウン「イエティ」。
スノーマシンでゲレンデを作ったスキー場のようです。
シーズンインが待ちきれないスキーやスノボーを抱えた人が大挙して押しかけているようです。
※写真はクリックで拡大します。

b0082895_10482869.jpg空は青空が見えているのですが、富士山周辺には雲がかかっており、その姿は望めません。
富士山スカイラインは貸し切りと言っていいほど空いています。きっと観光客は紅葉エリアに向かったのでしょう。
杉林や道路に覆い被さる広葉樹のアーチを駆け抜けるのはとても気持ちよく、ついついスピードが上がってします。バックミラーを見るとパートナーもしっかりついてきます。走るほどにバイクへの慣れが進んでいるようです。

b0082895_10573092.jpg途中、白糸の滝を見学しようとバイクを降りて徒歩で滝に向かいます。
滝までの道の両脇にはどこも変わらないおみやげ屋さんの店が連なり、気持ちはあまり盛り上がりません。
おまけに日差しが強く気温も上がっているようで3シーズン用ウェアを着込んでいる我々は、汗だくでの見学でした。

b0082895_115188.jpg白糸の滝から「富士パノラマライン」に進み、左右に牧場が広がる高原道路にでると、ツーリングのバイク達に度々出会います。
彼らもきっと紅葉見物で渋滞するだろうエリアを避けてこの辺りを選んだ走り指向ライダーさんなのでしょう。
富士山が見えると最高なのでしょうが、こんないい天気に恵まれた事だけでもよしとしようと自分を慰めつつ、爽やかな富士パノラマラインを堪能しました。

b0082895_11205556.jpg精進湖を過ぎて西湖湖畔を走る「湖北ビューライン」に進みます。
静かな湖畔に沿った道はパートナーにとっても適度なコーナーが続く、とても楽しい道です。
人気がない湖は隣の河口湖に比べしっとりとした雰囲気が辺りを包み込んでいました。
河口湖を過ぎた辺りでお昼時になったので、昼食は以前訪れた「山もとうどん」を食べに行こうと都留市に向かいます。
渋滞が連なる国道139号を走り、やっと到着したのは1時50分ころ。店内に入りイスに腰を下ろすと店員さんが暖簾を下げています。
営業時間は午後2時までとのことで滑り込みで間に合ったようです。
こしが強い男性的な独特のうどんを楽しんだ後、高速で東京に向かったのですが、
相模湖-八王子間が事故で通行止め。
なんとかなるだろうと進んだのですが、何ともならず、帰宅したのは7時を過ぎていました。
本日の走行距離:340km

■ガーミンStreetPilot2610の使用レポート
・マップの視認性はかなり良い。炎天下でも見えないという事はない
・リルート検索も早く、ストレスを覚える事はない
・現在位置を把握でき安心感は絶大で、100%景色や走りを楽しめる
・タッチパネル操作も容易で操作性も満足できるレベル
・GPSによる現在位置計測も満足できるレベル

★今後の改善要望
・目的地検索では住所、電話番号が使えないのでこれはかなり不便
・軌跡ログの容量が少なく、ほとんど活用できない

★今後のチェック
・雨などの対策がきちんとなされているか
・振動対策がきちんとなされているか

現在の総括
 バイク・ツーリングにおいては満足できるレベルです。
 液晶の表示エリアはクルマ用と比較すると小さく、解像度も低いのですが
 道案内においては問題ありません。
[PR]
by vehicles | 2006-10-23 12:03 | バイク
バイク用ナビゲーションを購入 ~未舗装路に迷い込まない為に~
b0082895_1684246.jpg清水の舞台から飛び降りました。
そんな決心でバイク用ナビ「ガーミンStreetPilot2610」を購入しました。
以前はほとんどがタンデムだったので後ろに乗るパートナーが走行中でもツーリングマップルを見ながらナビゲーションしてくれたのですが、これからは2台で走る事が多くなるので、思い切って(本当に思いきって)ナビを購入しました。
※写真はクリックで拡大します。

b0082895_16133051.jpgこのナビのうれしい点は
・ルート検索で「未舗装路」を
 回避してくれる設定が出来る
・パソコンでルート設定が出来る
・走行の軌跡(ログ)が残せる
等です。なかなか優れものですね。

左ハンドルにアタッチメントを付けて比較的大きな本体を固定しているのですが、見た目はスマートさにかけあまり好きではありません。
しかし、これは致し方ないと諦めます。

パソコンの専用ソフトはポイント登録やルート設定が簡単で、ツーリングマップルを片手にコース作りを行うと気分はどんどん盛り上がります。
明日は日帰りで富士山を回ってくるので御利益を確かめてきます。
[PR]
by vehicles | 2006-10-20 16:22 | バイク
2ヶ月ぶりのソロ・ツーリング ~ターンパイク、伊豆スカイライン 10月14日~
b0082895_10294767.jpg今日は2ヶ月ぶりにソロで走りに出かけました。
コースは最近よく行く、ターンパイク、伊豆スカイラインです。
朝、7時に出発し東名高速、小田原厚木道路を経由して、ターンパイク入り口に着いたのは8時頃。
一気に大観山まで登ると大観山付近に近づくにつれ気温が下がり、震えてしまうほどでした。
グリップヒーターをONにして高速コーナーを楽しみます。

b0082895_10301682.jpg大観山で一休みした後、伊豆スカイラインに進みます。
ターンパイクに比べて小さなカーブを走っていると異変に気付きます。
ここ最近、パートナーの練習でコーナリング中の速度を60km程度に落として走り続けていたので、60kmを超える速度で走ると怖いのです。
怖さを感じると体に力が入りコーナでバイクがターンしません。ターンしないと余計に怖くなり、また力が入る悪循環です。
スカイラインの登りにある駐車場にバイクを止め、写真を撮ったりしながら気持ちを落ち着け改めて再出発。
コーナリング速度を少しずつ上げて、60kmに馴染んだ体に鞭を入れながらリハビリ走行を続けました。
冷川で一旦スカイラインを降り、再度スカイラインに入り直して熱海峠を目指します。
徐々にコーナリング速度も上げられるようになり、ターン最中の恐怖感も収まるようになります。恐怖ですくむほどのスピードでコーナーを走る必要はないと思いつつ、もう少し早く回れたらと揺れながらのリハビリ走行を続けました。
帰路は来た道をそのまま戻り、午後1時前には自宅に到着していました。
本日の走行距離:305km
※写真はクリックで拡大します。
[PR]
by vehicles | 2006-10-18 15:59 | バイク
初めての1泊ペアツーリング2日目 ~日光、那須、ロマンチック街道 10月9日~
b0082895_1818569.jpg2日目の朝も青空が爽やかな良い天気に恵まれました。
早々に朝食を済ませ、8:30には宿を後にします。
今日の予定は日塩もみじラインで日光に戻り、いろは坂が混んでいなければ、中禅寺湖に登り、ロマンチック街道経由で沼田に出る予定です。
宿を出て県道30号(矢板・那須線)を走り出すと塩原方面の山々が那珂川にかかる白沢橋越しにきれいに望めました。※写真はクリックで拡大します。

b0082895_18192079.jpg昨日も走った日塩もみじラインは午前中の早い時間のせいかクルマやバイクも少なく、パートナーは練習速度である時速60kmでゆるやかなコーナーを上手にクリアしていきます。
見晴らしの良い直線を走っていると黒い犬のような生き物が2匹、前方を横切りました。しかし、犬にしては前足が長いので野生の猿かと思いながら横切った辺りで減速すると道路の脇に親子と思われる野生の猿がこちらを見ながら手を振っています。
本当に手を振っていたのです。
パートナーに話しても手を振っていた事に対しては「ほんとー??」の一言で片付けられました。写真はもみじラインの下りで一休み、ハーレーグループが爆音と共に通り過ぎて行きました。

b0082895_18201749.jpgいろは坂の登り口に差し掛かると交通量はかなり少なそうです。
しめたっといろは坂をひらりふらりと登っていくと明智平辺りからほとんど停止状態の渋滞です。
気温はどんどん上がり、3シーズンウェアの下は汗が流れ落ちます。
この渋滞をなんとか走りきり、中禅寺湖畔に出ると止まってはいないものの、大渋滞です。
写真の戦場ヶ原辺りでやっとクルマも流れだし、景色に目をやるとまっ青な空に山々の緑がとても綺麗でした。数週間後、この景色はきれいな紅葉に衣替えをしているのでしょう。

b0082895_18205583.jpg金精峠を超えた辺りでお昼時になったので、菅沼のサービスエリアで昼食です。
山菜うどんと湯葉コロッケを楽しみながら金精山を見上げるとほんの僅かですが紅葉している部分が見られます。
ほとんど気のせいに近いくらいの僅かです。
のんびり山道を下り、片品村からの渋滞にもめげず走り、関越道に入ったのは2時過ぎです。
関越では事故渋滞に翻弄されながら、パートナーは昨日会得したすり抜けを続け練馬ICを出たのは5時を過ぎていました。
連休のツーリングなので渋滞は覚悟していましたが、ストレスが溜まるモノです。
気ままな自営業の我々はやはり平日走りがよいなどとトランシーバー越しに話しながら広尾に着きました。
本日の走行距離:335km
[PR]
by vehicles | 2006-10-17 12:41 | バイク
初めての1泊ペアツーリング初日 ~日光、那須、ロマンチック街道 10月8日~
はじめての一泊ペアツーリングに出かけてきました。
今日のコースはお気に入りの「わたらせ渓谷」沿いを走り、「霧降高原」、「日塩もみじライン」を経由して那須湯本に向かいます。
7時に出発したのですが、途中の東北道で渋滞に巻き込まれ佐野藤岡ICを降りたのは11時頃になっていました。
※写真はクリックで拡大します。

b0082895_18313557.jpg空いている国道50号を車の流れに沿って走り、国道122号からわたらせ渓谷に進みます。
かなりバイクに慣れてきたパートナーは車の流れに遅れる事もなく順調に走っています。
今回は夏用のウェアから3シーズン用ウェアに衣替えして出かけましたが、東京周辺で感じた暑さは郊外に出ると丁度良い、快適な状態です。

b0082895_18322092.jpgゆるやかなカーブが続くわたらせ渓谷沿いの道を楽しみ、霧降高原を登り出すと頭上は青空ですが、小雨が落ちてきます。
ご愛敬程度の雨なので気にせず登ると途中で休んだ休憩所からきれいな虹がまだ色濃い緑の森に浮かんでいるのが見え、ちょっとした感動を覚えました。(写真上)
前回来た時には濃い霧で辺りの景色は全く見えなかったのですが、今回は青空が見える霧降高原です。
前回、霧の中で霧の写真を写真を撮った場所を見つけたのですが、そこは驚く事に橋の上でした。霧に包まれた橋の上で写真を撮っていたようです。

b0082895_18324812.jpg霧降高下源のワインディング・ロードは走っているクルマがパートナーにとっては良いペースメーカーになり、他のバイクにあおられる事もなく、楽しく走り抜けました。
大笹牧場で昼食と考えていたのですが、あまりの大混雑状態なのでこれを諦め、日塩もみじライン向かう途中にある蕎麦屋さんに向かいました。
しかし、到着した蕎麦屋さんでは我々の前の組で品切れとなり、またまた昼食にありつけず。
思い切って、日塩もみじラインの茶店まで走る事にして、蕎麦屋さんを後にします。
日塩もみじラインはパートナーにとって丁度良いコーナーが連続した良い道で、パートナーも上手くコーナーをクリアしていきます。
コーナーで遅れても直線での加速でその差を取り戻し、大きく離れる事は無くなりました。
納車から2ヶ月で随分上達したものだと感心しながら那須湯本を目指します。
塩原、那須湯本手前で渋滞に巻き込まれましたが、パートナーは果敢なすり抜けを敢行して夕方5時には宿に到着できました。

本日の走行距離:301km
[PR]
by vehicles | 2006-10-13 16:18 | バイク
バトン・・・「もしもBikeが話せたら」
yaya_22さんからバトンなるものがやってきました。
「もしもBikeが話せたら」 、実はバイクに乗っているときはよく話しかけているのですが、
返事をされたら....怖いような楽しいような。

--------------------------------------------------------------------------------------

「納車日、ディーラーでの初対面」
私      :うわー、格好いい!....が、でかい...
R1150RS:うっ、あんたですかオーナーさんは。
        最近、人気が低迷気味のオレだから贅沢は言わんけど
        初心者のおっさんね。顔がこわばってるぞ!

「納車後の初洗車」
私      :ぴかぴかにしてやるよ、ぴかぴかに。
R1150RS:ほー、気持ちいい。長いことメーカーの倉庫で冬眠していたから
        しゃきっとしてくるぜ。
        痛!、擦りぎだ、痛たたたた! 塗装はげちゃうって、痛いって。
        あっ!そこ水かけるな!冷たい!冷たいって!
        ......倉庫に戻せ!!!!

「近郊のワインディング・ロード」
私      :シャフト・ドライブのせいか左ターンがうまくいかないな。
R1150RS:ハンドル押さえるなって、それじゃ曲がれないって。
        あっ!危ない!オレが曲がってやるからハンドル押さえるな!
        痛たたたた! ニーグリップしすぎ! 痛いって、つぶれる!!

「タンデム・ツーリング」
私      :結構、加速良いでしょう。怖くない?(後ろに話している)
R1150RS:もっと回転数を上げて走らないと、プラグがかぶってしまうぞ。
        もっとひっぱれって! 回転あげても大丈夫だから引っ張れって!
        そんなとろとろ走っていると後ろから追突されるぞ!怖い!!!

「初立ちごけ」
私      :気持ちいいコーナーが続くな...夢心地で最高!
R1150RS:ほらほら前に信号が見えてきたぞ。あっ黄色になったぞ。
        ブレーキ、ブレーキに握れって、握ってください。
        ふー握ったか...止まるぞ...
        足出せ!足出せ!...お願いです。足出してください。

「初めてフェリーに乗船するとき」
私      :うまく乗り込めるだろうか...海に落ちないように。
R1150RS:引き返すなら今だぜ、本当に乗り込むのか?
        きょろきょろするなって。おい、大丈夫か? 視点が定まってないぞ!
        みっともないからじっとしていろ、乗り込みはまだ先だって!

「ディーラーのメカさんにエンジンの回転を上げるように教えられた」
私      :そうか回転数は4000回転以上か。
R1150RS:そうそう引っ張るんだよ、そうそう。
        そろそろシフトアップでないの...シフトアップしろ!
        いつまでもローで引っ張るなって、うっ、苦しい....

「柏メソッドの練習」
私      :45度でグリップ、腕は円形を保つ、こうかな? うまく曲がるぞ!
R1150RS:そうそう、グリップを握り込むなよ、そうそうやさしく握れ。
        うまく曲がる? あほ! オレが曲がってるんだ! オレが。
        いままでオレは曲がりたかったのにあんたが押さえ込んでたんだ!

「最近」
私      :少しは慣れてきたと思うな。
R1150RS:確かにね。最初の頃はどうなるかと思ったぜ。
        ここまで大怪我しなかったのは、あんたのツキとオレの努力だぜ。
        いいか、調子に乗るな! あんたは自分で思ってるほど上手くない。

--------------------------------------------------------------------------------------

きっと、こんな感じではないでしょうか。
バトンは次にリレーするらしいので、みゆ☆らいだーさんに回しちゃいます。
みゆ☆らいだーさんよろしくお願いします。
[PR]
by vehicles | 2006-10-12 09:38 | 独り言
新鮮なアワビを堪能 ~六本木の焼きトン“おふくろ”~
b0082895_14292686.jpg先日、六本木の焼きトンやさん「おふくろ」におじゃました際に出てきたのが大きなアワビ。
良く来る船乗りさんが田舎に帰った際に潜って獲ったとの事。
彼の父親は漁師さんで漁業権を持っているらしい。
このアワビを獲ったのが前日らしく、新鮮この上ないあわびの磯の香り、歯ごたえ、旨味はいままで味わった事がないものでした。
正直言って、アワビはコリコリするだけとしか思えないアワビしか食べた事がなかったので、この美味しさに本当に驚きました。

このおふくろでは、滅多に食べられない食材を持ってくる常連さんが多く、先日は30cm以上の鮎が出てきました。この鮎は某大手やくざ団体のTOPの方が、銀座のクラブや取引先?のTOPに進呈する代物だそうです。この鮎もとびきり美味しかった。
走水の鰺、毛ガニ、ウニなどそれなりの店で食べると目玉が飛び出すに違いない料金がとられる料理がふるまいとして出てきたことがありました。
[PR]
by vehicles | 2006-10-05 14:43 | やきとん「おふくろ」